ココロヨロコブアートin大山ものづくり学校2013
 

2013年8月3・4日(土日)大山ものづくり学校にて
臨床美術講座 「ココロヨロコブアート」を開催させていただきました
今年も2日間を通してたくさんの方にご参加いただきました。

今回のプログラムは「スイカの暑中見舞い」と「雪の結晶Tシャツ」

教室は、気持ちいい夏の風と自然の音に囲まれとても心地いい時間が流れました。




地元の方から安くしていただいた甘〜いスイカ
丸々一個を目の前で切ります。

ザク!

実の詰まった音とともに甘い香り。

食べると想像以上に甘さが口いっぱいに広がります。




描く前にみんなでスイカのお話

中には家でスイカを育てているという方や、親戚が育てていますという方も。
5歳の男の子もスイカにとても詳しくてみんなにスイカのことを教えてくれました!
みんなで話すといろんな目線の話がでてきて楽しいね。



味や香り、スイカの実のみずみずしさまで伝わってきます。


みんなが夢中になって制作しました。


スイカの種もただの黒色じゃないよね
しっかり色と色を混ぜて自分が感じた種の色を作りました。


みんな素敵なスイカだね!!!


思わず作品に引き込まれます。


楽しい時間や感動がぎゅっとつまった素敵な暑中見舞いの完成です〜



最後はみんなでモチーフとなったスイカをぺろり
ごちそうさまでした〜!!!


両日の午後からは「雪の結晶Tシャツ」



暑い夏に冷たい雪の結晶を描きます。
こんな描き方もあるんですね!!
みんな夢中になっています。


気温が下がり雪の結晶が少しずつできるように
みんなの作品にも少しずつ雪の結晶ができてきました。


4歳の男の子もおばあちゃんと制作中。


それぞれの
形が
色が
とっても魅力的。



早く着たいな!!
手が止まりません〜。


はがしたテープもキレイだね!
捨ててしまうのがもったいない!




小さなお子さんたちは、テープを丁寧にはがして持って帰りました。
その気持ちがとても嬉しかったです。

テープもまた新たな作品へと生まれ変わります。



最後はみんなで鑑賞会

そして小さなお子さんたちは着て帰ってくれました。
学校に着て行くんだ〜とっても嬉しそうでした。


教室の後ろには臨床美術の作品を展示をさせていただきました。
臨床美術にはその季節にあった作品や、いろいろな画材を使った作品がたくさんあります。年齢問わず誰もが楽しめます。



この2日間、書ききれませんが私たちはとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
参加者さんのうれしそうな笑顔や素敵な作品に出会えてとても幸せです。
またこの大山という大自然に恵まれた環境の中でする臨床美術は、少し特別にも感じました。
自然と心がほぐれていくようです。

「一人でも多くの方にこの臨床美術の魅力を知っていただきたい」

そんな想いから始めた活動ですが、
これからもこの想いは変わることなく楽しく活動していきます


今回ご参加くださったみなさま
山陰saccaのみなさま
ご協力いただいたみなさま
宣伝をしてくださったみなさま

工藤さん
呉さん
福本さん

本当にありがとうございました



12:00 ourのアシアト comments(0)
夏の講座〜雨のガラス絵〜
 

雨のガラス絵を描きました



最近降る雨
日本各地で記録的な豪雨に見舞われました。
一日も早い復興を祈ります。
そんな豪雨もあればしとしと心安らぐ雨もあります。
それぞれの心に残る雨。




そんな心に残る雨を思い描きながら。
初めて描く描き方にみなさん喜んでおられました。
あ、おもしろい!!
気持ちいいな〜!
そんな言葉がこぼれていきます。



表から見る印象と裏から見る印象が違いますね。


この上2作品が最初の2作品を裏から見たもの。


まるで油絵のようです。


雨があがった後の雨露に濡れた景色のようにキラキラと輝いています。



今回は学校の先生方とそのご家族さんと描きました。

こんな楽しい美術の時間があるといいね。
これからもいろんな形で力になれたらと思っています。

みんなの心喜ぶ瞬間を大切に。

週末はいよいよ大山の大自然の中
関西の楽しい臨床美術士さんたちと一緒に行きます。

とても楽しみにしています








14:00 ourのアシアト comments(0)
夏の講座〜ほおずきのあるうちわ2〜
 
小学生〜小学生以下の元気なお子さんたちとお母さんたちとほおずきのうちわを描きました!


ほおずきが元気に実ってます。


一番やんちゃな3歳Aくん。
写真は真剣にほおずきを作っているところ。
ちゃんと自分の描きたい色を分かっていて自分で仕上げることができましたね。


作品に向き合って、ほおずきが実っていくように少しずつ作品が成長していく過程がいいね。
思い思いのほおずきを大切に実らせてくれました。


お子さんも夢中でしたが、大人もみんな自分の作品と向き合って制作できました。
お母さんとってもうれしそう。


お母さんやお友達と一緒に描く時間。
そして作品を並べてみんなで鑑賞する時間。
うれしい時間です。



お子さんはお母さんのいいところを
お母さんはお子さんのいいところを伝えることができました。


楽しかった〜
お気に入りのうちわを持ってこの夏涼しみましょう

うちわを持ってみんなでハイチーズ

14:00 ourのアシアト comments(0)
高次脳機能障害者家族の会例会にて
 
高次脳機能障害者家族の会例会にて臨床美術講座を開催させていただきました。
「線と色で遊ぼう」


ご家族さんも含めて20名で作品を描きました。
最初は「絵を描くのは苦手なので見学しています」と遠慮されておられた方も最後はとても喜んでおられました。
手が楽しそうに動いていましたね。


「できあがるまでの行程が楽しく、遊んでいるようです」


「何も考えず楽しく自由に描けたのは初めてです」


「自分には描けないと思っていた抽象画がこんなに楽しく簡単に描けるなんて初めて体験できました」
みなさんからたくさんの感想をいただきました。


みなさん誰もが素晴らしいアーティストです!!




臨床美術で制作する時、私は「一人旅」にも似ているなと感じます。

寄り道したっていい、立ち止まったっていい、方向を変えてみたくなったら変えてもいい。
そういうときって思わぬ出会いがありませんか?
一期一会を楽しむ。
常に自分と向き合い心がどうしたいかを考えます。
旅を終えると心地いい安心感が残ります。
そして一人のつもりがみんなが寄り添っていてくれたことに気づかされます。

これからもたくさんの方とそんな旅が続けられたらと思います。
また来月もみなさんと会えるのを楽しみにしています。



代表を務められる森田さん、そして高次脳機能障害者家族の会の皆様ありがとうございました



11:00 ourのアシアト comments(0)
夏の講座〜ほおずきのあるうちわ〜
 

夏の訪れを告げるほおずき。
時期的にまだ出回っていませんでしたが、今回は大阪から米子に鉢ごと連れて帰ってきました。



みなさんはご存じですか??
ほおずきのいろいろ。
ほおずきはナス科。
夏に黄白色い花が咲き、その後ガクが大きくなって橙赤色に熟します。
根は漢方にも使われます。
お盆の時には死者の霊を迎える提灯にも似ていることから、枝付きで盆棚に飾られています。


今回はこのほおずきを使ってうちわを作りました。
Nさん邸にて。


偶然生まれる色や形がおもしろいね。


それぞれの心地いい方向へ。


目の前のほおずきを見ながら。



それぞれのうちわに向かってみんな楽しそうに集中していましたね。
ほおずきのことなどNさんのお父さんやTさんから教えてもらうことが多く、とても勉強になりました。
小さい頃ほおずきでたくさん遊ばれたそうです。
そうやって制作しながらみんなでわいわい話すと、目の前のほおずきの見え方が変わってきますね。



参加者さんの感想より
「色を使う事も、和紙を貼ることもすべてが自分の心のままに楽しい実験のようでした。
ほおずきを美しい形にしようとも、うちわをきれいな作品に仕上げようとも思わなかったこの不思議。作品を作っているというより色や和紙、筆・・・目の前の材料と戯れ遊んでいるようでした。」

そうやって生まれたうちわ。
それぞれのほおずき。
そして思いのこもった大切な時間。

普段当たり前に接する仲間や友達、こうして作品を介して相手のいいところや表現に出会うとより愛おしく思えます。
このうちわで楽しく夏を過ごしましょうね

Nさんご家族さんそして参加してくださった大切なみなさんありがとうございました



10:00 ourのアシアト comments(0)
ココロヨロコブアート×大山ものづくり学校
 

お知らせです
今回7月25日までにお申し込みいただいた方には、
大山ものづくり学校内で使える300円分の割引チケットをお渡しします
(大山ものづくり学校×ココロヨロコブアート)





こちらのチケットは、
地元のゆずを使ったゆずソーダ、大山飲むヨーグルトなどの冷たい飲み物、手作りのお菓子などが食べられるカフェでも使えます。もちろん作家さんの商品ご購入の際にもお使いいただけます。
臨床美術と一緒にぜひ大山ものづくり学校をお楽しみください


ココロヨロコブアート参加費:2,500円(材料費込み)
※親子さんでのご参加、午前と午後2回受講の方は1,000円引きさせていただきます。
申し込み先:our@you-our.com



魅力あふれる大山ものづくり学校をご紹介いたします↓↓↓



大山(だいせん)は、鳥取県の大山町にある標高1,729mの火山。
鳥取県西部の旧国名・伯耆国の名称を冠して伯耆大山(ほうきだいせん)、また角盤山(かくばんざん)とも呼ばれています。

この大山町にある香取村に大山ものづくり学校があります。


こちらは大山ICから降りて香取村へ向かう道のり。
どこも景色が良く、心地いいドライブを楽しむことができます。


道の途中にはたくさんの花や植物たち。
春には桜のトンネルができる美しい道もあります。

これから見せてくれる夏の表情が楽しみですね。


香取村にある大山ものづくり学校
(ぜひこちらを参考にいらしてください→MAP

かつて小学校だった木造校舎です。


入り口にはアイアンアーティストのウラガンさん作、サイトウさん。
バイクの廃材から生まれました。
かっこいい。


廊下や校舎内にはこぐまデザインさんや88.16Mさんのかわいらしいイラストがあふれています。


講堂には地元の作家さんの商品がたくさん!!!

木工・布小物作家 apple ahip!/編み物作家 amisa//ゴム版作家 88.16M/イラストレーター・アイアンアーティスト ウラガンアートワークス/靴工房 h.s.works/ミュージシャン 片岡堪一郎/服飾デザイナー kyoron/イラストレーター&布小物・アクセサリーぐるぐる工房/イラスト&手芸 Zz.mama/エッグアート たまご工房〜綾美〜/陶芸家 陶風舎/想諷會書家 鳥居召観/服飾 布小物 hiroe/和傘職人 和傘工房〜初音〜/服飾・布小物・アクセサリー macaron*RETRO/家具職人 Flat Style/ガーデナー そらにわ/ガラス作家 glass育HUG/鞄・布小物作家 EMIZ/羊毛・伯州綿 ノームの糸車/木地師・塗師 きしもと工房(※順不同)


ひとつひとつが心のこもった作品


あふれる手作りのあたたかさ


店内にはFlat Styleさんの家具がやさしく佇みます。
山陰の景色を美しく切り取った、カメラマン柄木さんのポストカード。


ポストカードの景色を表現したバッグなど、作家さん同士のコラボ商品も楽しいですね。


ぜひ1つ1つを手に取ってじっくり見ていただきたい商品ばかりです。


こちらはこの春からオープンしたカフェ。
夏にうれしい冷たい飲み物やほっとあたたまる飲み物、手作りのお菓子が食べられます。


山陰のフードコーディネーター赤木さんのお菓子や飲み物。
ノームの糸車さんの自然素材のおいしいお菓子。


大山の風が心地いいものづくり学校でぜひ味わってみてくださいね。
カフェから見える校庭、その向こうに広がる日本海、弓ケ浜半島がとてもステキです。


教室では作家さん達によるものづくり教室も開催しています。
この日は岸本工房さんが桜の木でお椀を作られていました。
こんなに近くで制作の様子を見ることができるってうれしいですね。


さっそく臨床美術で描いた雪の結晶のTシャツを着てみました〜



描いていた時の心地よさがよみがえってきます。
着るだけでまたココロわくわく。


ぜひこの夏は魅力あふれる大山ものづくり学校で臨床美術をご体験くださいね。
この夏たくさんの方に会えるのを楽しみにしています



クリニカルアートあわーより





00:52 ourのアシアト comments(0)
あわーから夏のお知らせです!
 

7月に入り梅雨が明けるといよいよ本格的な夏がはじまります!
あわーからのお知らせです




今年も大山へ〜!

今回もまた素敵なプログラムをご用意いたしました^^





先日描いたスイカはこんな仕上りになりました。

今回のプログラムは

・Tシャツに「雪の結晶」を描く
・「スイカの暑中見舞い」




Tシャツに「雪の結晶」を描く

暑い夏にこそひんやりと涼しく描きます。
描く楽しみ、そして完成したTシャツを着る楽しみ
2倍楽しいですね。




「スイカの暑中見舞い」

五感で感じながらスイカを描いていきます。
目で見ただけでは表せない新たな色や表現に出会うことができます。
今年はこんな素敵な暑中見舞いを出してみませんか?



この2つの臨床美術で描くプログラムは、小さなお子様からご高齢の方まで年齢や性別問わずどなた様も楽しんで描くことができます。
 ↓↓↓


風、音、香り、雄大な景色
大山の中で描く心地よさをぜひ体じゅうで体感していただきたいと思います。


大山ものづくり学校では地元の作家さんの作品や商品販売、カフェ、ものづくり教室も開催しています。
自然の美しさとともに
ものづくりの楽しさ
作家さんとの交流
地元の素材の美味しさ
それぞれの魅力をめいっぱい感じていただきたいと思います。


今回も講座には関西で活躍されておられる臨床美術士さんたちが来られます。
魅力あふれる臨床美術士さんとの交流もぜひぜひお楽しみくださいね


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<日時とスケジュール>

8月3日午前10:00〜(約2時間)「スイカの暑中見舞い」
    午後14:00〜(約2時間) Tシャツ「雪の結晶を描く」

8月4日午前10:00〜(約2時間)「スイカの暑中見舞い」
    午後14:00〜(約2時間) Tシャツ「雪の結晶を描く」

<場所>
(〒689-3316 鳥取県大山町豊房2046-79)


<参加費>
お一人様2,500円(材料費+お茶代込み)
※親子さんでのご参加、午前と午後2回受講の方は1,000円引きさせていただきます。


<定員>
1講座20名まで
(※定員に達しましたらお申し込みを締め切らせていただきます。)


<お申し込み>
※準備の関係により事前予約のみとさせていただいております。
申し込み締め切り7月31日まで

クリニカルアートあわー(臨床美術士・和田ゆうか)
our@you-our.com

※参加希望する日時と時間、参加人数をお知らせください。
※メールからのお申し込みとさせていただいております。
後日当日について詳細のご案内を送らせていただきますのでご返信可能なメールアドレスをお知らせください。




ご質問、ご相談があればご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします




00:00 ourのアシアト comments(0)
スイカを描く
 

みなさん
ようやく恵みの雨がたくさん降り注ぎましたね


梅雨が明ければいよいよ夏の到来です!!


先日おじいちゃんが住む鳥取県北栄町の有名なスイカ
「大栄スイカ」が届きました。


ゴンゴン!

叩くと実がぎっしり詰まった音がします。





包丁で切ったときの手にかかる重さ
台所じゅうに漂う甘い香り
切ると中がみずみずしく
真っ赤な太陽のように輝いていました




さっそくご近所さんたちと味わってから
描いてみました






目で見たスイカだけではなく



口に広がる甘い味

スイカの香り

シャリシャリの食感

ゴンゴン
ザクッザクッ
シャリシャリ
スイカの音


そこから生まれた新たなスイカ
五感で感じて描くと楽しいね




これからさらに素敵な作品に仕上がりますが、それはお楽しみ・・・
後日あわーから夏の楽しいお知らせがあります。

そこでご紹介いたします
もうしばらくお待ちくださいね



これからやってくる夏を体じゅうで感じて楽しみましょう





00:00 ourのアシアト comments(0)
雨を待つ
 

みなさんこんにちは


すっかり季節は夏へ

でも梅雨時期に入っているというのに雨がほとんど降っていませんね
各地で水不足も始まるのではないか?と不安の声も上がっています。

今年の梅雨は7月〜8月にかけて雨が多くなるそうですよ。
梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期でもあるので、十分に気をつけてくださいね。






私の近所で咲く紫陽花は、日に日に美しく彩られていきます。
まるで雨を待ちこがれるかのようです。




自然から感じる季節の移ろい
心がとても嬉しくなりますね。



◆◆ あわーからのお知らせ ◆◆



7月の臨床美術講座は、一般の参加講座はお休みとなります。
出張講座のみとさせていただきます。

7月はカフェや小学校、参加者様のご自宅、公民館、NPO団体様など
山陰を中心とする様々な場所にお邪魔させていただきます。

また活動の様子をブログ、FB、HP内にてご報告させていただきます。



一般の方のご参加は、8月に開催予定の大山ものづくり学校にて可能です。
現在は8月3・4日(土日)を予定しています。
詳細は今月末お知らせいたします
ぜひ今年も大山の大自然の中で臨床美術を楽しみませんか??





これからみなさんの心に恵みの雨が降り注ぎますように〜






19:00 ourのアシアト comments(0)
5月ココロ ヨロコブ アートのご報告
 

よく晴れた5月11日の米子講座。

今回も心がスカッとするような
カラフルな作品がたくさん生まれました




垂直の直線と三原色から成るモンドリアンの作品に
新たな線と色をのせて自分の表現へ




力の加減やパステルの使い方で
いろんな表情が現れますね




きれいな混色もまたオイルパステルの魅力のひとつです。




色の組み合わせも人それぞれ
参加された方は年代も様々でしたが
誰もが夢中になった時間でした。




みんなでくっつけてみると
また違ったひとつの作品になります。

「この先にも続きがもっとありそうですね」
「たくさんの作品をつなげたい」

いろんな声があがりました。




最後の鑑賞会はみんなで
それぞれの「いいところ」「好きなところ」を見つけて
参加者さんから話していただきました。


まるで○○みたい〜
描く時こんな気持ちでした

みなさんから自然に出てくる言葉がとても嬉しかったです。


言葉以上に
いろんな魅力を語ってくれる素敵な作品が目の前にいたから
みんなの心がリラックスできたのかな


みんなで描くって
向き合うって
楽しいね



ご参加いただいたみなさん、
会場を貸してくださったホームデコさんありがとうございました



来月の講座はお休みです。
7月8月は夏限定の特別イベントを開催します。
また詳細をお知らせいたします


そしてこれから米子をはじめ、
鳥取県中部のほうでも活動が広がっていきます。
今回たくさんの方から声をかけていただき
いろんな場所で素晴らしい出会いを設けていただけることに心から感謝しています。


これからもどうぞよろしくお願いいたします


クリニカルアートあわー


00:00 ourのアシアト comments(0)
<< 2/5PAGES >>