スタジオ背景春色に変えました(伯耆町有線テレビ放送)

町民に愛されるケーブルテレビ局
伯耆町有線テレビ放送


本日春色に変えました🍓


「いちご作品を飾ると一気に春になりますね!」
いつもママトークで盛り上がる女性スタッフさんの一言


本当ですね
ふわりと春の香りと風を感じます。


にょきにょき
たけのこも


そして夢の鳥も春の到来を喜んでいるようです。


しばらく春色の背景を楽しんでいただけたらと思います🌸

00:00 - comments(0)
御礼「かぷりあ祭」(後日当日の様子をいたします。)

3月3日ひなまつりの日に行われた
米子市主催の「かぷりあ祭」
たくさんの方がお越しくださいました。
.
臨床美術の展示や講座
大盛況でした✨
講座は午前の部は満員状態。
午後も見学の方も含め、たくさんの方が
遊びに来てくださいました。
.
お久しぶりの方も
初めましての方も
いつもありがとうございますの方も
みんなみんな
ありがとうございました❤

あらためて

「心喜ぶアート」


愛されているなぁと感じました。


また後日ゆっくり写真を通してご報告させてください。
みなさんの愛の込もった作品、ご紹介いたします🎨

 

かぷりあ祭にご参加いただいた皆様
展示や講座にお越しいただいた皆様
また、この空間、時間を共に作り上げてくれた仲間、友人、家族に感謝します。

 

クリニカルアートあわー
臨床美術士 井澤ゆうか

00:00 - comments(0)
高齢者施設で描いたいちごの水彩画

甘いいちご
水彩で描きました🍓

今週は以下の高齢者施設で合計60名のみなさんと描きました。


●ル・ソラリオン名和デイサービス、特養(大山町)
●湯梨浜みのり(湯梨浜町)
●倉吉スターガーデン(倉吉市)

 

 

描く前に
五感でしっかりと感じます。
そして幸せな試食の時間
試食があるとみなさんにっこりですね。

 


認知症が進んだ方、手が不自由な方、目が見えにくい方も夢中で描いてくださいました。

そして、こんなにも個性豊かないちごが生まれるなんて。

誰もが感動しました。

いちごの
味が
香りが
手触りが
全身を通して誰もの心を喜ばせ表現へ向かわせてくれました。

 

みなさん、ありがとうございます。
そしてサブの臨床美術士 上原順子さん、越野弘子さん、岸本ひとみさんありがとうございました。

 

00:00 - comments(0)
2月ココロヨロコブアート米子講座のご報告

「りんごのスタンプカード」
.
小さい頃版画を制作した時、
馬楝(バレン)で何度も何度も擦り
「うまく紙に写っているかな〜」
と紙を覗きこむようにめくっていました。
少し緊張も入り混じったドキドキとわくわく感。

今回の講座でも、大人も子どももそんなドキドキとわくわくをめいっぱい楽しみました。

りんごがモデル🍎
大きなりんごに加えて青森産のミニふじりんごもプレゼント
小さくても大きくてもしっかり命を感じるりんごたちです。

刷った作品も、版も両方とも作品に仕上げました。
休憩したくないくらい誰もが夢中でしたね。

卒業、春のイベント、今は特に行事が多い時期ですね。
自分の心喜んだアート(気持ち)を相手に贈った瞬間
きっと、贈られた方も無条件に心が喜ぶのでしょうね🌸

「来月友達の誕生日なんです。このカードを渡すのが楽しみです。」
そう言われる参加者さんもおられました。
カードを大切に持つ彼女の笑顔に私の心も喜びました。

ご参加いただいたみなさん、サブの臨床美術士 永見直子さん、ホームデコさん、ありがとうございました

00:00 - comments(0)
ハマグリに描く(江府町社協主催 高齢者サロンにて)

来週末はひなまつりですね🎎
私の娘も飾られた雛人形を毎日見ては大喜びです。
ひなまつりは春の訪れを喜ぶとともに、女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。

今月の江府町社協主催、高齢者サロンでは
「ひなまつり・春の訪れ」をハマグリに表現しました。

ハマグリは仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。
貝という小さな画面でしたが、冬から春へと変わる魔法のキャンバスとなりました。

このサロンで臨床美術を始めて2年が経ちます。
もう全員が立派なアーティスト。
みなさん右脳モードへすぐに切り替わります。
今回も手が止まることなく思いのままに、自分の好きな色をいっぱい使って表現してくださいました。

うれしいひなまつり
そして心に
うれしい春がやってきました🌸

ご参加いただいたみなさん、江府町社協さん、サブの臨床美術士 森下希由子さんありがとうございました。

10:31 - comments(0)
たたらまつり in 二部

先日の日本海新聞に
講座の様子を掲載していただきました。
西伯郡伯耆町二部での講座の様子です。

今週末23日(土)24日(日)に
この二部公民館にて「たたらまつり」があります。


楽しい催しがいっぱい🍄
作品展示もされるそうですよ🎨

詳細↓
http://www.houki-town.jp/new1/18/2/2/g152/

15:03 - comments(0)
ストーク作業所 書と臨床美術の作品展

「心の輝石」
臨床美術講座をさせていただいている
ストーク作業所さんの書の作品展が開催中です。
.
ストーク作業所は日本海と大山の間に位置する
就労継続A型、就労継続B型の小規模障害者施設です。
自然農薬による有機栽培、農業加工品、原木しいたけの周年ハウス栽培をされています。


展示には臨床美術で描いたりんごの絵も展示していただいています。
一人一人の笑顔が見えてくるようなあたたかい書、そしてりんごたち🍎
ぜひみなさんに会いに行ってみてくださいね^^

 

2月20日(水)〜2月24日(日)
丸京庵市民ギャラリーにて

00:00 - comments(0)
美しい色面 in 岸本公民館

小さいけれど

大きな大きな色面の世界が

生まれました🎨

伯耆町の公民館の教室やクラブ、同好会の代表の皆さんが集まる会にて講演とアートワーク体験をさせていただきました。

 

普段からものづくりがお好きだったり、新しいことを受け入れておられる皆さん

さすがですね!

一瞬で右脳モードに入っていかれました。

小さな画面ですが、夢中になって自分の色や線で豊かな世界を表現されていました。

全員の作品を並べると感動の声やほめ合うが聞こえてきました。

「すごいね」

「あんたのいいわ」

思わず…

「全部ください!」

私も感動のあまりどの作品も全部持って帰りたくなりました。

 

ご参加いただいた皆さん、岸本公民館の皆さん、ありがとうございました✨

 

 

00:00 - comments(0)
高校生と描いたりんごの量感画(境港総合技術高校福祉科にて)

境港総合技術高校福祉科で授業をさせていただきました🍎
ここには保育士や子どもに関わる仕事へ就くコース
介護に関わる仕事に就くコースがあります。

現場の話を交えながら
アートを通じた豊かなコミュニケーション方法
非薬物療法としての役割についても話をしました。
まっすぐに目を見つめて話を聞いてくれる姿がとても印象的でした。

そして、りんごの量感画を描く時間では一瞬にして無邪気な笑顔に変わりました。

「これ超楽しいー!」
「ヤバっ!私うまいへん〜!」

彼女たちの心の喜びが全身通して伝わってきました。
そして生まれたりんごは皆個性豊かです。

「生徒たちの普段とは違う表情や表現を見れて嬉しかったです。」
授業後の先生方の話も大変嬉しかったです。

自分が高校生の頃、この臨床美術に出会っていたらどうだっただろうか?
そんなこともふと思いながら、生徒たちの笑顔に癒された1日でした。
出会ってくれてありがとう^^

境港総合技術高校の皆さん、松本先生、ありがとうございました🍎

00:00 - comments(0)
五千石保育園の作品展2019

私が臨床美術の定期講座をしている
五千石保育園の作品展🎨
造形活動を楽しんだこれまでの痕跡がずらりと並びました。
臨床美術のコーナーも作ってくださいました。
お迎えに来られた保護者の手を引きながら
「これはね、こうやって描いたんだよ!」
作品の解説をする自信満々の小さな表現者たち
その場は、まるで画家によるギャラリートークです。
いつか彼らが大きくなって
こうして自信を持って自分を表現したこと
それを周りから愛を持って受け入れてもらえたこと
心の奥底であたたかい感覚として残っているといいな
そんなことを願っています。
展示の準備をしてくださった先生方、お忙しい中ありがとうございます。
子どもたちひとりひとりを大切に想うその姿が見えてくる素敵な展示でした✨
00:00 - comments(0)
2月8日付の日本海新聞に掲載されました

本日2月8日付の日本海新聞

25面に大きく掲載していただきました。

.

写真は鳥取県中部の現場、デイサービスセンター倉吉スターガーデンでの講座の様子です。

記者の三野さんは、とても丁寧な取材をしてくださいました。

 

活動を始めて8年

頻度は現場により様々ですが、今では40か所を超える現場を持っています。

私の思いは、活動を始めた時と気持ちは変わらず

これからも「大切な人へ」

本当に必要とする方へ届くと嬉しいです。

.

来年度は、4級養成講座が米子市で開講される予定です。

多くの仲間が学びを深め、成長していきます。

 

この臨床美術士4級の資格には5級取得が条件ですが、この4級養成講座までに他県で取得することも可能です。ご興味がある方はぜひ日本臨床美術協会へお問い合わせください^^

 

これからも心が喜ぶ活動をしてまいります。

10:55 - comments(0)
大きな色のアラベスク(伯耆町二部公民館にて)

伯耆町二部公民館にて

あたたかい時間を過ごしました🎨

最年少は1歳から

28名の皆さんと描きました。

誰もが夢中になった時間

 

1人ひとつの作品描き楽しんだ後は

全員で作品をつなげて大きな1つの絵にしました。

この作品を並べる時も小学生の子たちが楽しそうに組み合わせてくれました。

 

ご参加いただいた皆さん、二部公民館の皆さん、サブをしてくださった臨床美術士 森下希由子さん、福村直美さんありがとうございました^^

00:00 - comments(0)
冬の風を描く

今年は暖冬と言われていますが

時折吹く風は冷たい冬の風

先月は介護施設で冬の風を描きました。

日本海に吹く冬の風

大山に吹く冬の風

街に吹く冬の風

いろんな場所の風の音を集め、それをみんなで聞きながら描きました。

優しい風から猛吹雪の風の音に変わった瞬間

「うわー!怖いわー!」

「〇〇(地名)の風にそっくりだわ。女学校時代に風が強くて番傘がまくれた(こわれた)ことがあるもの」

そんな会話もあちこちで聞こえてきました。

みなさんの作品を目の前にした時、風の音を聞いて心に浮かんだ光景や思い出、また線に込めた思いがそれぞれ違うことを実感しました。

認知症が進んだ方も誰もが素敵な作品を描いてくれました。

 

もうすぐ春がやってきます。

今しか感じられない冷たい冬の風を、私ももっと楽しみたいと思いました^^

 

みのり法人の皆様、ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
スタジオ背景変えました(伯耆町有線テレビ放送)

鬼は外〜福は内〜
もうすぐ節分ですね👹
テレビスタジオ背景に鬼を飾りました。

 


👹も臨床美術で描いた作品です。

町民に愛されるケーブルテレビ局
伯耆町有線テレビ放送
ここはもともと鬼の伝説で有名な溝口地区
鬼の像が町のあちこちに見られます。
スタジオもしばらく節分仕様に✨

 

こちらのスタッフさんたちが手作りされている小道具や小物もたくさんあります。
手作りのものや臨床美術作品、いろいろ交えながら季節を感じる背景に変えていきたいと思います。
伯耆町有線テレビ放送さんいつもありがとうございます👐

00:00 - comments(0)
1月ココロヨロコブアート米子講座のご報告

 

今月の米子講座のご報告です。
みんなで描く
「なにか不思議な形」

毛筆で描く線に想いを込めて。
ゆっくりと
時々早く
そして太くもなり
細くもなり
心地のいい何かを感じながら

 

墨と色鉛筆で楽しみました。

今回の最年少の参加者さんは1歳。
お母さんと一緒に描いてくれました。
この米子講座では、参加者さんの年代も職業も性別も様々です。

誰もがあたたかく受け入れ、お互いの良さを認め合い、時には待ちながら、時には関わり合いながら心喜ぶ時間を過ごすことができます。
こうした時間を長く続けられるのも、参加者皆さんの優しさのおかげです。
みなさんありがとうございます☺


講座に通い始めて4年になる小学生の女の子が、私たち臨床美術士やスタッフにカードをプレゼントしてくれました。これまでの講座で使った画材で作ってくれた素敵なカード。

「いつもありがとう!」

色の中に優しく書かれたメッセージが。

こちらこそです。
miriちゃんいてくれてありがとう❤

講座の参加者さん、サブをしてくださる臨床美術士 永見直子さん、ホームデコさん今月もありがとうございました。

00:00 - comments(0)
<< 2/32PAGES >>