大山の初日の出を描く(ル・ソラリオン名和にて)

今年最後の講座を終えました。
大山と日本海の間にある介護施設
ル・ソラリオン名和さんにて。
大山は「伯耆富士」とも呼ばれます。
まさに伯耆の国が誇れる名峰です。
良い一年が迎えられるよう想いを込めて
この大山と初日の出の作品を描きました。

この日、特養の参加者さんの旦那様(Tさん)が参加してくださいました。

「介護が必要になる10年前までは、
家内と何十年もずっと山登りをしてきました。
海外や日本の山をいくつも一緒に登りました。」

描きながら山の話や、奥様との思い出を話してくださいました。
そんな奥様は今は寝たきりとなり、コミュニケーションが難しい状態です。
奥様は講座中Tさんの隣におられました。
話す声はしっかり聞こえています。

Tさんの作品にはこう書かれていました。
<我が家から見た大山と初日の出>

「我が家から大山も見えるし、大山の隣にある三鈷峰も見えるんだ」
そう言われるTさんの作品には、大きな大山に寄り添う三鈷峰が共に日の出を喜んでいるように見えました。その姿はまるでTさんご夫婦のようです。
こうして、お二人が家から眺めていた景色や思い出を共有することができ、私たちもとてもあたたかい気持ちになりました。
ありがとうございました。
夫婦で、親子で、家族で描くっていいですね^^

このル・ソラリオン名和さんでは現在、作業療法士さんと臨床美術士と職員さんとが連携しながら、ご利用者さんの日々の生活が向上するような新たな取り組みを始めています。すでにワクワクするような結果もたくさん生まれています。
その様子はまた来年度いろんな学会の中で発表してまいりたいと思います。
.
高齢者、障がいのある方、大人、子ども、赤ちゃん、各現場を通して豊かな時間を共有できとても幸せな一年でした。
ありがとうございました✨
来年も輝く初日の出が見えますように🌅

 

00:00 - comments(0)
スタジオ背景変えました(伯耆町有線テレビ放送)

1月用のスタジオ背景に変えてきました⛄❄

伯耆町のケーブルテレビ局
「伯耆町有線テレビ放送」
クリスマスが終わり、スタジオ背景に冬の作品を飾りました。
お正月期間には、期間限定で先日米子講座で作った金箔のクワイの正月飾りも飾ります✨

山陰はこれから雪が本格的に降りますね。
どうかこの雪が、被害をもたらす雪ではなく
そっと寄り添ってくれる雪でありますように

00:00 - comments(0)
12月ココロヨロコブアート米子講座のご報告

今年最後の米子講座
新年を迎える正月飾り
元気よく芽が出る様から
「芽出(めで)たい」=「めでたい」
縁起がいいとされるクワイ
金箔に包まれ輝いています。
夢中になって描く時間はとても心地良かったですね✨
ご参加いただいた皆様、臨床美術士 永見直子さんありがとうございました。
また、いつも快く会場を貸してくださるホームデコさんありがとうございます。
(3年以上通ってくれている小学生の女の子がプレゼントしてくれた作品をブローチにしました。
こうして表現活動や講座を通して子どもたちの成長をみせてもらえ、私はとても幸せです。
いつもありがとうございます^^)

 

今年もたくさんの方に支えていただきました。
ありがとうございました❤
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください🎍
00:00 - comments(0)
12月に描いたクリスマスカードのご報告

「メリークリスマス」は
「どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいね」
という想いやりのこもった言葉です。
日本でいう「良いお年を」に少し似てますね。
.
今年はたくさんの現場で
「メリークリスマス」
の言葉をかけあいました。
まとめてご報告させていただきます。
12月は以下の現場でクリスマスカードを作りました。

◇義方小学校

◇ル・ソラリオン名和交流会

◇溝口公民館臨床美術講座

◇五千石保育園

<合計135名>

今年はどの現場でも本物のもみの木をご用意し、
全員に葉を配り触ったり匂いを嗅いでもらいました。
もみの木にはアロマの役目を果たし、癒しの効果もあるんです。
しっかり五感で感じた後に描く作品はどれも生き生きとしていました。
(もみの木をくださった伯耆町の松陰さん、ありがとうございます!)

そして、保育園では今回も
とても素晴らしい連携をとることができました。

保育園の授業の中で
絵本を読み聞かせをする時間
サンタさんへ手紙を書く時間
クリスマスの絵を描く時間

これらの時間を楽しんだ後に
臨床美術の時間を入れることができました。
そしてカードを作った次の日には賑やかなクリスマス会🎄
クリスマス会の会場にもカードを飾って。
子どもたちにとっても、クリスマスをきっかけに自己表現がめいっぱいできた時間ではないかと思います。

こうして保育の現場と保育士さんと
しっかり連携をとりながら導入することができました。
これも現場や園のご理解あってのこと。
本当に幸せなことだと実感しています。
これからも保育や教育の現場と連携しながら
臨床美術を導入していきたいと思います。

今月は幸せなプレゼント🎁をいっぱいいただきました。
ありがとうございます。


ご参加いただいた皆様、義方小学校の皆さん、岸本さん、溝口公民館の皆さん、五千石保育園の皆さん、臨床美術士森下さん、福村さん、ありがとうございます❤

そしていつも記事を読んでいただいている皆さんへ
メリークリスマス🎄

00:00 - comments(0)
介護施設で作ったしめ縄飾り

介護施設でしめ縄飾りを作りました。

誰もが今年一年無事に過ごせたことを感謝し、

アート表現を通して

心も新年を迎えるモードへ切り替わります🎍

以下の介護施設(デイサービス、特養)で作りました。

●時の里(境港市)

●ル・ソラリオン名和(大山町)

●江府町社協まちなかサロン(江府町)

●湯梨浜みのり(湯梨浜町)

●倉吉スターガーデン(倉吉市)

<合計80名>

.

中でも印象的だったのは、

認知症が進み会話も難しい方が

縁起のいい「吉祥文様」を描いた時に

画面には雪の大山が現れました。

それを見て他のご利用者さんも、職員もそこにいる誰もが感動しました。

その表現はもしかしたら偶然生まれたものかもしれません。

または、ご本人さんの意図しない表現だったのかもしれません。

けれども、周りの人に大きな感動を与える表現だったことには間違いありません。

驚くみなさんを見てご本人さんも嬉しそうでした。

 

アートは時に「言葉をも超える力」を放ちますね。

 

いてくれてありがとう

誰もが感じた瞬間でした。

みなさん、今年も大きな感動を

たくさんありがとうございました。

00:00 - comments(0)
りんごの量感画(ITC-Jさんの12月例会・クリスマス会にて)

クリスマスツリーとりんごには
関わりがあることご存知ですか?🎄
クリスマスツリーにはさまざまな飾りがありますが、りんごの形をした飾りや、丸い玉を見かけることがあると思います。もともとは本物のりんごを飾っていた名残だったそうですよ。
アダムとイヴが食べてしまった知恵の実をりんごで表していたそうです。 
.
そんなクリスマスとつながりのあるりんご🍎
ITC-Jさん(Interactive Training in Communication Japan)の12月例会・クリスマス会で描きました。
今回、会の中で講演とアートワークをさせていただきました。

会場は手作りの装飾で華やかに飾られ、部屋に入った瞬間からワクワクします。
そして34名全員で描いた個性豊かなりんごたち。

「美術館みたいね!どれも素敵!」
全員の作品を飾った瞬間とても圧巻でした。
ITC-Jの皆さん、野津さん、サブに入っていただいた臨床美術士の森下さんありがとうございました。

最後に。
私は、この会の中で皆さんが共有しておられた三浦知良さんの格言がとても心に残りました。
====
学ばない者は人のせいにする。
自分に何が足りないかを考えないから。
学びつつある者は自分のせいにする。
自分に何が足りないかを知っているから。
学ぶことを知っている者は誰のせいにもしない。
常に学び続ける人でいたい。
====
学びは日常の中にあります。
どんな小さなことからでも学ぼうとする姿勢を持ち続けたいですね。
素敵な1日をありがとうございました。

00:00 - comments(0)
りんごの量感画(ストーク作業所にて)

先日、作業所で働く方々とりんごの絵を描きました🍎

日本海と大山の間に位置する「ストーク作業所」
就労継続A型、就労継続B型の小規模障害者施設です。
自然農薬による有機栽培、農業加工品、原木しいたけの周年ハウス栽培をされています。
普段から仲が良く、笑顔が絶えない作業所のみなさん。
.
講座中も、終始笑い声が絶えませんでした。
この日は、保護者の方々も一緒に描いてくださいました。

モチーフは、地元大山町の神田農園の美味しいりんご✨
作品に自然と込められたみなさんの
「喜び」
これがりんごの
「命」
となって見る人に感動を与えてくれました。

出来上がった作品ももちろん素晴らしいのですが、


今を大事に
りんごに向き合う姿勢
違いを認め互いに受け入れあう姿
心の距離を大事にする姿
これらの姿こそ彼らの真の作品なんだ
と実感した豊かな時間でした。

ストーク作業所のみなさん、サブに入っていただいた臨床美術士の小川さん、森下さん、ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
ひろがる線・あふれる色(五千石保育園にて)

五千石保育園で糸と布を使って描きました。

今回は年中さんのクラス

.

ほんの少し会わない間に成長した彼ら

心も体も✨

溢れ出る自分の色を画面にぶつけて

みんな立派な表現者でした🎨

ここには

「枠があるけどない」

「目の前のものは全て自分」

こんな時間が定期的に持てるということは

私自身とても幸せです。

2月にこの五千石保育園で作品展示をします。

 

今月は年長さんたちと描きます🎄

またご報告いたします。

 

五千石保育園の皆さん

サブに入っていただいた

臨床美術士 森下希由子さんありがとうございました。

00:00 - comments(0)
12月のスタジオ背景(伯耆町有線テレビ放送)

12月のスタジオ背景はクリスマスカラー💝🎄

伯耆町のケーブルテレビ局
伯耆町有線テレビ放送
そのスタジオ背景を飾りました。


先日の講座で子どもたちと一緒に描いた
クリスマスカード(私用ビッグサイズ)
スタジオにもクリスマスツリーを飾っていただき一気に華やかになりました✨
皆さんにとって 素敵な12月となりますように^^



伯耆町有線テレビ放送さんいつもありがとうございます。

00:00 - comments(0)
66人で描いた「クリスマスカード」義方小学校にて

義方小学校の1年生から6年生までの生徒さんと保護者さん、合計66名で楽しく描いた時間🎄✨
みんなで楽しいクリスマスカードを作りました。

今回の主催は義方小学校教育活動部の皆さん
そして、きっかけは
教育活動部の高平さんとのご縁で
講座を開催させていただきました。
会場にはクリスマスツリーを飾ったり
クリスマスの音楽を流したり
本物のもみの木を用意したり
五感で楽しめる仕掛けがいっぱい


金色の点々が光った作品を持った男の子
「ここはねサンタさんの歩いた跡なの」
子どもたちの発想はとても豊かでしたね。
各々のカードの中には、素敵な物語が広がっていました。
どれもじっくり読みたくなるカードばかりです。


そして、嬉しかったのは
子どもたちだけでなく
大人の皆さんも先生方も
めいっぱい楽しんでくださいました。
とても賑やかな時間が流れました。


講座の最後には、私たち臨床美術士たちに
子どもたちがお花の花束を手渡してくれました。
嬉しかったです。
幸せな時間をありがとうございました🎁

ご参加いただいた皆さん
教育活動部の皆さん
高平みちよさん
義方小学校の先生方ありがとうございました。
また、サブに入っていただいた臨床美術士の
宍道香名子さん、守山亜紀さん、
吉井瑞穂さん、福村直美さんありがとうございました。

 

00:00 - comments(0)
介護施設で描いたクリスマスカード

11月と12月の2ヶ月間で

合計200名の方々とクリスマスカードを作ります🎄

.

11月に作ったクリスマスカードのご紹介です🎅

以下の介護施設(デイサービス、特養)で作りました。

 

●時の里(境港市)

●ル・ソラリオン名和(大山町)

●湯梨浜みのり(湯梨浜町)

●倉吉スターガーデン(倉吉市)

<合計70名>

誰一人手が止まることなく

夢中になって描かれました。

.

認知症の方

身体的に不自由な方

目が見えない方

耳が聞こえない方

体や心にどんなハンデがあっても

 

自分の表現を大事に

 

時には若返り

歌いながら

のびのびと自由に描いてくださいました。

家族に渡すんだと言われる方が多かったです。

 

「心喜ぶアートは

薬にも勝る効果を発揮する」

 

このことを日々実感しています。

一緒に描いていただいた皆様、ありがとうございます。

来月も楽しみです🎉

 

 

 

00:00 - comments(0)
芸術の秋の御礼(森のようちえんmichikusa秋まつり・11月米子講座)

いよいよ11月も終わりになり

2018年もあと1か月ですね🔔

今月もイベントや定期講座で大忙しでした🎨

11月17日は伯耆町二部にある森のようちえんmichikusaの秋祭りでした。

ここでも臨床美術の体験コーナーをさせていただき、

1歳のお子さんから大人まで楽しんでいただきました。

子どもたちの笑い声に包まれた賑やかな時間でした。

また、今月の米子講座も17名の皆さんと

楽しい素敵なクリスマスリースを作りました。

今回写真がありませんが、枝で作った個性豊かなリース。

正月まで飾りたいと言われる方もありましたね^^

 

小学生の女の子が最後にこっそり私に

余った粘土で小さな雪だるまとリースを作って

プレゼントしてくれました🎁

いつも自分の心を大事に表現を楽しんでくださる参加者の皆さん。

心があたたかくなる時間でした。

.

たくさんの方に支えていただき感謝いたします。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

サブに入っていただいた臨床美術士 森下希由子さん、福村直美さん、永見直子さん、ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
「ポインセチアのクリスマスプレート」江府町社協にて

クリスマスを象徴するお花

ポインセチア

江府町社協が主催する高齢者サロンにて描きました。

ポインセチアをじっくり観察した後

みんなで楽しく制作します。

ポインセチアの色づいた花びらに見えるものは

「苞(ほう)」と呼ばれるガクが変化したもの。

苞の色も人それぞれの表現でしたね

自分なりに苞の形を切り、貼ってもらいました。

 

最後に並べた瞬間

「華やか!一気にクリスマス気分に」

「クリスマスリースみたいだわ」

みんな満面の笑顔

このサロンには90歳以上の方もたくさん来られています。

そしてこの時間は、誰もがキラキラと少年、少女のように若返ります。

一人暮らしのご高齢の方もご参加され

「玄関に飾ります。最初はどうなるのかドキドキしたけれど今日も来てよかった!」

と嬉しそうでした。

誰かに見せたくなる素敵なクリスマスプレートです^^

素敵なクリスマスを迎えましょうね。

ご参加いただいた皆さん、江府町社協の皆さん、サブに入っていただいた臨床美術士の森下さん、ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
酪農女性部で心喜ぶアート

 

酪農女性部の皆さんと

素敵なキャンドルホルダーを作りました。

パイプオルガンの音色を聴きながら。

 

 

色鮮やかなキャンドルたち

キャンドルの中に火を灯すと

ホワッと印象が変わりました。

 

 

ゆらゆら揺れる火を眺めながら

みなさんうっとりしておられました。

最後は美味しいお弁当をいただきながら。

 

 

私たちの生活に美味しい牛乳やお肉を

届けてくださる酪農女性部のみなさん。

日々命と向き合いながら、休みなく働いておられます。

立派な母でもあり、熱い想いを持った酪農家のみなさん。

話を聞いているだけで私もパワーをもらえます。

みなさんにとって少しでも

リラックスできる時間になっていますように^^

 

キャンドルホルダーたちも

彼女たちのように楽しそうに

会話しているようでしたね。

 

酪農女性部の皆さん、吉田さん、楽しい時間をありがとうございました。

00:00 - comments(0)
中山ふれあいセンターで心喜ぶアート

 

先日中山ふれあいセンターで講座をしました。
みなさん最初はとても不安そうでしたが
講座を進めると…
どんどん笑顔に

 

参加された方全員
絵が苦手でしたが
最後は

「あらー!自分のが一番いいわ〜!!」

嬉しい言葉や笑い声がどんどん溢れます。
鑑賞会も自然と盛り上がっておられましたね。

この日は、臨床美術士 小川沙織さんがサブに来てくださいました。
また、中山ふれあいセンターの館長さんも、職員さんも積極的に参加してくださいました。

この日は

身近にこんな楽しいアートがあるということ
アートは特別でもなくて誰もができるものであること
アートは薬にもなるということ
そして
自分は素晴らしいということ

少しでも知ってもらえて私は幸せでした。


中山ふれあいセンターのみなさん、小川さんありがとうございました^^

00:00 - comments(0)
<< 2/30PAGES >>