中山オレンジカフェきらら

大山町中山「オレンジカフェきらら(輝楽々)」にてニンジンを描きました。

オレンジカフェとは認知症の方とその家族、地域住民の方々や専門職の方など、誰でも参加でき集う場所です。
ここでは毎月第3木曜に開店されています。

 

今回は金時ニンジンを見ながら描きます。

「え!!こんな風に描くなんて!!」

描く過程に驚きながらも、黙々と集中して描かれました。
みなさんとても楽しそうでしたね。

そして心を解放したその後のランチタイムでもみなさん話が盛り上がっておられました。
(心がこもった美味しいご飯でした。)

「絵に描いて楽しんで、帰ってからも料理で楽しみます。話も弾んで、三度美味しいアートですね!」
全員が笑顔で作品とニンジンを持って帰られました。

 

ご参加いただいた皆様、オレンジカフェきららの皆様、前田好子さん、素敵な時間をありがとうございました^^

00:00 - comments(0)
保育園児の心喜ぶアート 五千石保育園

米子市の五千石保育園で定期講座をしています。
先日の講座と作品展示のご紹介。

年中クラスで描いた「溶け出す色と形」のプログラム。
とても盛り上がりました。
色を通じて自らいろんな発見をして、自分の「したい」思いを力いっぱい表現していました。


線でなぞってハサミで切ることや、中をくり抜くこともしっかりと出来ていたので、先生方も驚かれていましたね。
講座が終わった後も「もっとしたい!もう一回描く!」と描いてくれる子が続出でした^^

 

そして先週は、こちらの五千石保育園にて作品展示がありました。

展示作品からは楽しい制作過程の様子が伝わってきます。


作品1つ1つが主役になるように展示準備をされた先生方の、子ども達への愛情を感じる素敵な展示でした。

そして、
「見てみてー!!私の作品これだよ!」
と、子ども達が誇らしそうに指をさす姿がたくさんあったこと。
何よりも嬉しい姿ですね。

こうしていつまでも自分自身を愛する心を持って育っていって欲しいです。
思わず笑みがこぼれました^^

 

五千石保育園の皆様、臨床美術士 森下さん、福村さんいつもありがとうございます。

00:00 - comments(0)
和紙で描くりんご

介護施設で描きました。

今回は和紙で描くりんご^^

デイサービスでの講座では、りんご農家の方もおられて

「カメムシがようさばっとる(ついている)んだわ」

と、りんご栽培をされていた時のお話をしてくださいました。

虫食いの穴まで作ってくださいました。

鑑賞会で「虫も食べたくなるほど美味しいりんごだね!」

と、みんなで盛り上がりました。

特養での講座では、漢字で名前が書けるようになったAさんの力強い作品が生まれました。

こちらの名和の介護施設での講座は、参加者平均年齢94歳と高いのですが(最高齢100歳!)皆さん生き生きとされています。そして毎回臨床美術の時間を楽しみにしてくださっています。

いつまでも皆さんの笑顔を見ていたいです^^

どれも素敵なりんごでした。

00:00 - comments(0)
中山公民館で描いたりんごの量感画

中山公民館での講座。
メインは臨床美術士の小川さん。


参加者の皆さんが夢中になって描いた素敵な林檎。
普段こんなにりんごをじっくり見たことがないので、とても新鮮でした。
そして、笑い声が絶えないあたたかい時間でしたね。

 

 

ご参加いただいた皆様、二部公民館の皆様、臨床美術士の皆様(小川さん、太田さん、岸本さん)ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
二部公民館での色を楽しむ講座

 

先週、雪の降る一日でしたが楽しい講座をしました。
伯耆町の二部地区の25名の元気な子どもたちや親子さん。
寒さも吹っ飛ぶ、元気な作品ができました。

プログラムは「いろいろな線と色で遊ぼう」
今年で3年目の臨床美術講座です。


館長さんのご理解も深く、オイルパステルを買い上げてくださいました^^
これからもたくさん絵が描けますね!
今回の作品は、今月末のたたら祭りで展示します。

そして、今回は臨床美術士が5名も集まり充実したサポートでした。
ご参加いただいた皆様、二部公民館の皆様、臨床美術士の皆様(森下さん、福村さん、太田さん、上原さん)ありがとうございました!

00:00 - comments(0)
<鬼の布楽面>1月ココロヨロコブアート米子講のご報告


楽しい鬼たちのご紹介。

先日の米子講座で、たくさんの鬼が生まれました。
見る人によって変化する楽しい鬼たちです。

 

鬼は力強さの象徴、この鬼たちの顔の下には素敵な「力」の作品が隠れています。
この「力」をアナログ表現をする時間もとても豊かでしたね。

 

 

この日は、産休から復帰の米子講座となりました。
みんなの笑顔があたたかく、「ただいま!」って帰る家のようでとても嬉しかったです。
2月4日は立春、新たな年明けですね。
それぞれの幸せな時間をお過ごしください。

 

ご参加してくださった皆さん、ホームデコさん、サブの守山さん、産休中お世話になった臨床美術士の皆さん、ありがとうございます。

次回2月24日の講座では、ひな祭り色の素敵な作品を作りますよ〜♫

00:00 - comments(0)
雪化粧する樹木

暦の上では大寒、まさに全国的に強い寒波がやってきていますね。

大きな被害が出ませんように。

雪は時に人の命を脅かすこともありますが、普段の景色を美しく変えてくれるものでもあります。

 

湯梨浜の介護施設にて「雪化粧する樹木」を描きました。

描く前にみなさんそれぞれの雪の思い出を語ってくださいました。

 

どこか穏やかで。

どこか厳しくて。

どこか儚くて。

 

生まれてきた作品は、心象風景にも見えてきました。

とても楽しい時間でした。

今回のサブは臨床美術士 上原さん、ありがとうございました。

 

これから降る雪が、みなさんの心をそっと包み込む優しい雪でありますように^^

00:00 - comments(0)
感動がギュッ!りんごの量感画(五千石保育園)

五千石保育園の定期講座では、年長さんたちとりんごを描きました。

モチーフは、日光地区(伯耆町)のりんご農家さんから頂いた甘いりんご。

りんごを描く前に五感で感じる時間では、

「りんごの花って可愛いねー」

「あま〜い、いい香り〜」

「凸凹だー。冷たい〜」

「シャキシャキしてる!」

自分が五感で感じたことをたくさんの言葉で表現してくれました。

鑑賞会では、赤以外の色を使って塗ったお友達のりんごを見て

「青りんごなのかなー」

「きっとまだ赤ちゃんのりんごなんだよ」

など、想像力を膨らましてりんごと向き合っていました。

それを聞いたお友達は嬉しそうでした。

自信がなくて普段絵を描きたがらない子も、今日は発言も多く、楽しそうに描く姿が見れて嬉しかった、と担任の先生も喜ばれていました。

誰もに新しい発見と感動が生まれた時間でしたね。

サブをしてくださった臨床美術士 森下希由子さん、ありがとうございました。

2月9日にこちらの五千石保育園では、作品展をされます。

心喜ぶ絵がたくさん展示されます^^

 

00:00 - comments(0)
宝石カレンダー

 

2018年最初の介護施設での講座では、宝石カレンダーを作りました。
デーサービスと特養での講座です。
職員さんも一緒に描かれ、こうやってみんなで描く時間が持てることを大変喜ばれていました。
みなさん夢中で描かれましたね。

 

そして、この日は私にとって4ヶ月の産休から復帰の講座でした。
この4ヶ月で参加者さんに嬉しい変化もありましたが、悲しい変化もありました。


講座を始めた4年前より毎回欠かさず参加してくださっていたIさんが、昨年末に亡くなられました。
いつもこの臨床美術の時間を楽しみにしていてくださり、時には涙を流して手を握りしめ「あなたに会いたかった」と言ってくださる方でした。

 

残された作品を見てご親族さんたちが
「知らなかった。こんな素敵な絵を描いていたんですね!」
と驚かれたそうです。
また、お葬式の時には、ご家族さんがお棺に今まで描いてきた作品を一緒に入れてくださったそうです。
4年間もIさんと一緒に描かせていただいたことに感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

これまでもたくさんのお別れがありましたが、こうして手元に残る作品は、家族や関わった方々の心を癒してくれる大事な存在でもあると改めて実感しました。

 

これからも宝石のように輝く「今」を大事に^^

00:00 - comments(0)
いてくれてありがとう2017年

今年もたくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございます^^

思い起こせば、1月には長崎で行われた老施協の全国大会の場で臨床美術の取り組みを受賞していただきました。
また、介護雑誌BetterCare(ベターケア)へ執筆させていただきました。
そして、4月から新たに臨床美術の職員研修や現場も増え、NHKの取材・放映によってより多くの方に臨床美術を知って頂く機会をいただきました。

鳥取県や島根県の臨床美術士たちの自主的な勉強会も4月よりスタートしました。
9月の産休までに90回を超える講座、延べ1000人を超える方々に届けることができました。
産休中にもかかわらず途切れることなく、たくさんの方に臨床美術が継続できたのも仲間の臨床美術士をはじめ、多くの方のご協力があったからです。
今後の山陰での臨床美術の広がりがとても楽しみです。

個人的には、出産を終え一人の母親として。
また、一人の介護者として家族から多くを学ぶ1年でもありました。
2018年もまた、心強い仲間とともに心が喜ぶアートを大切にお届けしたいと思います。
また来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください^^

クリニカルアートour主宰
臨床美術士 井澤ゆうか

HP
http://www.you-our.com/

00:00 - comments(0)
<< 2/38PAGES >>