出雲市保育士協議会様主催の研修会

先日、出雲市保育士協議会様主催の研修会の講師としてお話させていただきました。

参加者は60名の保育士さん。

大きな会でしたが、みなさんととても充実した時間を過ごすことができました。

一人一作品、自分だけの色を思いっきり出していただきました。

また、保育現場において「子どもたちへの関わり方」の大切さをお話させていただきました。

みなさんいい顔をされていましたね。

これから出雲市でも、「表現する喜び」を知った保育士さんたちが現場でご活躍されることはとても嬉しいことです。

保育士協議会の皆様、ご参加いただいた皆様、二瀬様、ありがとうございました^^

そして、この日サブスタッフとして6名もの臨床美術士さんにサポートしていただきました。

日々どんどん成長していく彼女たちの姿が一段と輝いていました。

みんなでつくった豊かな研修会でしたね。

サブの越野さん、西村さん、森下さん、福村さん、瀬戸川さん、小川さんありがとうございました。

00:00 - comments(0)
6月26日(月)NHK鳥取放送局で放送されました

NHK鳥取放送局さんに密着取材していただきました。

 

<放送日>
来週6月26日 月曜日
午後6時10分〜午後7時00分

 

いちおしNEWSとっとりの番組内にて密着取材の様子が流れました。
 

また後日、短いバージョンで中国地方版NHKニュースでも放送されるそうですよ。

 

鳥取県では認知度も低く、まだまだ少ない臨床美術士。
この度、臨床美術士 井澤ゆうかが主催する様々な定期講座に密着取材していただきました。
これからも臨床美術のことに少しでも興味を持っていただけると嬉しいです^^

00:00 - comments(0)
社会福祉法人みのり福祉会さんでの毎月の定期講座

紫陽花には「家族団らん」という花言葉があります。

小さな花たちが集まり大きな1つの花の様に見せるその姿は、まるで家族で楽しく会話をしているようですね。

そんな素敵な家族1つ1つを丁寧に描く様に、老人福祉施設ご利用者さんたちにも描いていただきました。

50人50色の迫力ある作品が生まれました。

鳥取県中部の老人福祉施設でも毎月2回ずつ定期講座をしています。

・午前は「湯梨浜みのりデイサービスセンター」さん

・午後は「デイサービスセンター倉吉スターガーデン」さん

(社会福祉法人みのり福祉会様)

この日は合計約50名の参加者さんと一緒に紫陽花を描きました。

いろんな種類の紫陽花を用意。

「臨床美術がある日は希望者がいっぱいで人気ですよ!」

職員さんもご利用者さんも楽しみにしてくださっているようです。

毎月描く作品も施設内にいつも素敵に展示してくださっています。

これからもみんなで「表現する喜び」を楽しみましょうね^^

00:00 - comments(0)
《夏色コレクション》山陰の臨床美術士たちによる自主的な勉強会 vol.3

今月のメインは越野さん、サブは福村さんと森下さんです。
アートプログラムは「夏色コレクション」

14名が集まり、夏の色を1つ1つ丁寧に集めてコレクションするように描きました。
夏をテーマにするだけで、楽しい色が集まりますね。
メインとサブの楽しい掛け合いの中、心地よく表現できました。
鑑賞会は全員で。
毎回盛り上がる時間です。
「誰もが主役、そして誰もが表現者」
メインの越野さん、サブの福村さん、森下さんありがとうございました。
00:00 - comments(0)
畑の土を丁寧に耕すように

この活動を始めて6年間。
私がずっと一貫してやり続けていることがあります。
それはアートを通じた【あたたかい環境づくり】です。
まるで畑の土を丁寧に耕すことに似ていると思っています。
今や日本だけでなく、世界中に広まっている臨床美術。
患者さんや対象となる方だけに「いてくれてありがとう」を伝える時間でなく、日常の中でも「いてくれてありがとう」の心が行き渡ること、そんなあたたかい環境づくりが私の理想です。

対象者の方への毎月の定期講座と同時に、定期的に職員への研修を行っています。
それは現場に長時間関わる職員さんだけでなく、ご家族さん、施設に関わる食堂の方、送迎の方、臨時職員の方、時には地域の方も含めて参加していただいています。
表現する喜びを思いっきり味わってもらいたいです。


これまでも県内で職員研修をさせていただいています。

◆ル・ソラリオン名和様
◆みのり福祉会様
◆五千石保育園様
◆時の里様
(↑毎月定期講座を実施中)
◇良善幼稚園様
◇照陽の家様
◇翠のさと様
◇保育士研修会
◇県内の各地域の社協様にて
など
(↑単発実施)
来月7月より、米子市の五千石保育園でも園児への臨床美術も始まります。
そして、ル・ソラリオン名和では、今年度より本格的な職員研修が始まっています。
施設に関わる職員誰もが、複数回受講となる本格的な取り組み(3年計画)です。

「畑の土を丁寧に耕すように」
これからもじっくりゆっくり活動してまいります。

申し訳ないですが今年度は新規の講座は受けられませんが、来年度以降より講座依頼を検討中の方は、ぜひ一度「臨床美術=心が喜ぶアート」をご体験くださいね^^

そこから、何ができるか私も一緒に考えていきたいと思います。
臨床美術士 井澤ゆうか
00:00 - comments(0)
障がいのある方の家へ出張講座

毎月障がいのある方の家へ出張講座をしています。
2組のご家族さんと一緒に。
今回のプログラムは「紫陽花」
紫陽花を見ながらペタペタ色で遊んでいきます。

ゆっくりじっくり可愛い花を咲かせる男性Hさん
元気よく勢いある花を咲かせる女性Hさん
雨に濡れて静かに微笑む花を咲かせるTさん(男性Hさんの奥様)
まるでブーケのように華やかな花を咲かせるAさん(女性Hさんのお母様)
それぞれの紫陽花が今日も喜んでいます^^
とても幸せな時間でした。
最後は美味しいランチをご馳走になりました。
お腹も心も幸せです。

KさんMさん、ありがとうございました。
いつかみんなで小さな作品展をしましょうね。

 

 

00:00 - comments(0)
5月米子講座ココロヨロコブアートのご報告

 

5月の米子講座は満員御礼!!

最年少は1歳11か月のお子さんから参加していただきました。

手に持ってお出かけしたくなるような素敵なバッグが生まれましたよ^^

鑑賞会でずらり並んだカバンたち、まるでオシャレなカバン屋さんに来たみたい♪

 

時間が足りないくらい皆さん没頭されてました。

見ているだけでワクワクするカバンですね。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

次回は6月24日(土)に開催いたします。

00:00 - comments(0)
スタジオ背景 梅雨バージョン

地元テレビ局スタジオ背景を梅雨バージョンに変えました^^
作品は、紫陽花と雨のガラス絵。
遊びで紫キャベツの作品も入れてみましたよ。
全て臨床美術で描いた作品です。

伯耆町有線放送テレビジョン放送の皆さん、いつもありがとうございます。

00:00 - comments(0)
《石のアナログ画》山陰の臨床美術士たちによる自主的な勉強会 vol.2

今月のメインは西村さん、サブは上原さんと中村さんです。

アートプログラムは「石のアナログ画」

15名が集まり、制作に夢中になる時間、互いに鑑賞する時間、意見交換など有意義な時間を過ごしました。

 

何気なく転がっている石にも個性があり、それぞれの物語があります。

そんな石の声を聞きながら、個々の表現を楽しみます。

それぞれに個性豊かな表現、言葉でコミュニケーションの幅がうんと広がりました。

 

 

「誰もが主役、そして誰もが表現者」

メインの西村さん、サブの上原さん、中村さんありがとうございました^^

00:00 - comments(0)
鳥取県西部保育士協議会主催による保育士さんへの研修会

先日、鳥取県西部保育士協議会主催による保育士さんへの研修会をさせていただきました。

午前と午後の1日の研修会でしたが、
皆さん夢中になり「え!もう終わり!?」
あっという間の時間でした。

子どもたちに日々触れ合う保育士さん自身にこそ「表現する喜び」を一番に感じていただきたく、アートプログラムを体験していただきました。

そして、私が中学校で美術を教えていた経験、また幼児へのセッションを通して「関わるうえで大切なこと」を伝えさせていただきました。

互いに褒めあう鑑賞会では、皆さん本当にキラキラしていましたね^^

ご参加してくださった皆さん、打ち合わせからご協力いただいた中原さん、サブスタッフの臨床美術士 森下さん、瀬戸川さん、藤原さんありがとうございました。

=====================

<参加された方の感想より>

=====================

 

・鑑賞会では作品を褒めてもらい、嬉しい気持ちや恥ずかしい気持ちもありましたが、どんなことも具体的に褒めてあげることの大切さを身をもって体験できました。保育所に帰ったら、今の子どもたちを認めてあげる、表現することが楽しいと思える環境を保育所職員全体で作っていきたいと思います。

 

・年齢が上がるほどデジタル画寄りの表現活動がつい多くなってしまうのは自然なことかもしれませんが、年長、年中だからこそ、自由に表現出来る機会を作りたいなと思いました。

毎回発見があり、今回もまた新鮮な気持ちで作品に向かうことができました。

 

・今日は、学びも多く早速職員や子どもに伝えたいことが多かったですが、何より絵が苦手と思っていた自分がこんなに表現することが楽しいんだ!と心から思えたことが一番の喜びです。

 

来月は出雲市にて、出雲市保育士協議会主催による保育士研修会を開催予定です。

これからも多くの現場に「表現する喜び」が広まりますように^^

15:00 - comments(0)
<< 2/33PAGES >>