<< 6月米子講座ココロヨロコブアートはお休みいたします。 main 「わたしの海」のご紹介 >>
伯耆町文化センターで心喜ぶアート


久しぶりの町内の講座です。
「お久しぶりです〜」
「あー会いたかった」
マスク越しでも最高の笑顔が見えます。

 

お隣さんとはトリピーサイズの間隔
開放された窓
マスク着用
握手はないけど目でニッコリご挨拶
時折水分補給

新しい生活様式とともに、講座も新しい様式へと変わりました。


この日はたくさんの紫陽花の植木鉢を用意して、みんなでカラフルな紫陽花を描きました。
花言葉は「一家団欒」
花たちは密になり、会話を楽しむように咲いています。
元気をもらえる花たちを前にとても嬉しそうでした。

 

参加いただいた皆様
伯耆町文化センターの皆様
取材に来てくださった伯耆町有線放送テレビさん

サブに入っていただいた臨床美術士森下さん
ありがとうございました🙏
.
face tofaceの講座も少しずつ再開はしてきましたが、県内外の方とのオンラインアート講座は続けさせていただいています。
これまでに10名の方々とセッションをさせていただきました。
来週からは、施設側からの希望でデイサービスにてオンラインアート講座に挑戦です。

(現場に臨床美術士の資格を持つ職員さんがおられるので、連携をとりながら実施する予定です。)
臨床美術の「いてくれてありがとう」の根幹は今も昔もこれからも変わることなく。
新たなコンテンツとしての側面(リモートで実施すること)は今後も様々な取り組みと考察をもとに情報共有していきながら、参加者さんにとってベストな環境作りを探していきたいですね🎨

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :