<< 鬼の顔(ル・ソラリオン名和にて) main 鬼の顔のレリーフ >>
1月ココロヨロコブアート米子講座のご報告

🏰アルハンブラの思い出🏰

音楽とアートをめいっぱい楽しんだ1日✨

1月の米子講座はkeijuさんのギター演奏を聴きながら

アルハンブラ宮殿へのイメージを膨らませ自分だけの宮殿を作りました。

.

スペインの古都グラナダにあるアルハンブラ宮殿。

今では有名な世界遺産となっていますが、ここにはイスラム教徒たちの栄華と悲しい歴史があります。

この宮殿の印象をギターの音色で表現した曲が「アルハンブラの思い出」です。

keijuさんも何度もアルハンブラ宮殿へ訪れたそうです。

そんな話とともに曲を弾いていただくと、一瞬で全員の心は宮殿の中へ。

終始心地いい音色が教室中に響きわたっていました。

そんな音色を聴きながら石畳や壁を表現して描きます。

そして、立体に組み上げていくのですが、たった1枚のB5の紙から出来上がったとは思えないほど素晴らしい宮殿が出来上がりました。

鑑賞会ではもう感動の嵐でしたね🎉

今回の参加者最年少は2歳のお子さん。

子どもたちも多かったですが、演奏を聴く時も、表現をする時も誰もが集中。

一瞬で右脳モードへ。

途中で

「生の演奏だから音の振動も体で感じるし、嬉しくて、表現したくて手(筆を持つ手)が勝手に動くんです」

「(ギターの)音色を聴きながらここをもっと描きたいです」

「もっと描いていたい!もっと作っていたい!」

「帰って家でもCDかけてやってみます」

なんて声も聞こえてくるほど。

keijuさんのおかげで誰もが心地よく心を解放して制作に向かうことができました。

音をアナログ表現することが最高に楽しいと感じた1日でした。

.

keijuさん

ご参加いただいたみなさん

臨床美術士

永見直子さん

堀田牧子さん

ホームデコさん

ありがとうございました🙏

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :