<< 保育士研修会 in日吉津保育所 main たくさんの現場で描いた紅葉屏風 >>
「川面の紅葉」よつばの会にて

気温が下がり、ぐっと秋色が深まりましたね。

身近にある木々たちも少しずつ色づき始めています。

 

大山町名和にてよつばの会の皆さんと

素敵な秋の紅葉を楽しみました。

 

 

水彩絵具で彩った美しい葉たち

名和神社や大山から拾ってきた葉がモチーフ。

触ったり、匂いを嗅いだり、五感で感じながら1枚1枚描きました。

黙々と、時には感動の声を上げながら楽しい時間が過ぎていきました。

 

 

 

 

ここでは2014年から講座をさせていただいています。

今年からは、臨床美術士の岸本ひとみさん、小川沙織さんも加わってくださいました。

みなさんいつも臨床美術を心待ちにしてくださいます。

その心喜ぶ気持ちが作品や描く姿からしっかりと感じます。

 

最後の鑑賞会では、みんなの作品を前に全員が満面の笑顔でした。

みなさんの笑顔を見ながら、初めてお会いした時のことを思い出していました。

 

最初はみなさん

「絵なんて描けないわ!」と

とても不安そうでした。

 

けれど、今では

「もう夢中になります」

「次の作品が楽しみです」

「みんなと描くからいいんですよね」

表現する喜びを感じておられます。

自然と互いの作品を褒めあう姿も素敵です。

 

 

川面を踊るように流れる紅葉

みなさんの一人一人の笑顔と重なりました。

 

よつばの会の皆さん、中川さん、岸本さん、小川さんありがとうございました。

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :