<< 夏の講座〜雨のガラス絵〜 main 涼しさいっぱい雪の結晶Tシャツ >>
ココロヨロコブアートin大山ものづくり学校2013
 

2013年8月3・4日(土日)大山ものづくり学校にて
臨床美術講座 「ココロヨロコブアート」を開催させていただきました
今年も2日間を通してたくさんの方にご参加いただきました。

今回のプログラムは「スイカの暑中見舞い」と「雪の結晶Tシャツ」

教室は、気持ちいい夏の風と自然の音に囲まれとても心地いい時間が流れました。




地元の方から安くしていただいた甘〜いスイカ
丸々一個を目の前で切ります。

ザク!

実の詰まった音とともに甘い香り。

食べると想像以上に甘さが口いっぱいに広がります。




描く前にみんなでスイカのお話

中には家でスイカを育てているという方や、親戚が育てていますという方も。
5歳の男の子もスイカにとても詳しくてみんなにスイカのことを教えてくれました!
みんなで話すといろんな目線の話がでてきて楽しいね。



味や香り、スイカの実のみずみずしさまで伝わってきます。


みんなが夢中になって制作しました。


スイカの種もただの黒色じゃないよね
しっかり色と色を混ぜて自分が感じた種の色を作りました。


みんな素敵なスイカだね!!!


思わず作品に引き込まれます。


楽しい時間や感動がぎゅっとつまった素敵な暑中見舞いの完成です〜



最後はみんなでモチーフとなったスイカをぺろり
ごちそうさまでした〜!!!


両日の午後からは「雪の結晶Tシャツ」



暑い夏に冷たい雪の結晶を描きます。
こんな描き方もあるんですね!!
みんな夢中になっています。


気温が下がり雪の結晶が少しずつできるように
みんなの作品にも少しずつ雪の結晶ができてきました。


4歳の男の子もおばあちゃんと制作中。


それぞれの
形が
色が
とっても魅力的。



早く着たいな!!
手が止まりません〜。


はがしたテープもキレイだね!
捨ててしまうのがもったいない!




小さなお子さんたちは、テープを丁寧にはがして持って帰りました。
その気持ちがとても嬉しかったです。

テープもまた新たな作品へと生まれ変わります。



最後はみんなで鑑賞会

そして小さなお子さんたちは着て帰ってくれました。
学校に着て行くんだ〜とっても嬉しそうでした。


教室の後ろには臨床美術の作品を展示をさせていただきました。
臨床美術にはその季節にあった作品や、いろいろな画材を使った作品がたくさんあります。年齢問わず誰もが楽しめます。



この2日間、書ききれませんが私たちはとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
参加者さんのうれしそうな笑顔や素敵な作品に出会えてとても幸せです。
またこの大山という大自然に恵まれた環境の中でする臨床美術は、少し特別にも感じました。
自然と心がほぐれていくようです。

「一人でも多くの方にこの臨床美術の魅力を知っていただきたい」

そんな想いから始めた活動ですが、
これからもこの想いは変わることなく楽しく活動していきます


今回ご参加くださったみなさま
山陰saccaのみなさま
ご協力いただいたみなさま
宣伝をしてくださったみなさま

工藤さん
呉さん
福本さん

本当にありがとうございました



12:00 ourのアシアト comments(0)
スポンサーサイト
12:00 - -
comment

message :