<< <たけのこをつくる>3月の米子講座ココロヨロコブアートのご報告 main 今年度の活動について >>
満開の桜屏風

 

桜が見頃を迎えました。
満開の桜を見ると気持ちが明るくなります。

 

こちらは定期講座をしている倉吉市と湯梨浜町の介護施設で描いた満開の桜屏風です。
筆以外の用具で描いた桜。
みなさん夢中になって描いてくださいました。

 

 

「故郷の家にある桜を描いたで。この木の根元には万両が植わっていてなー。もう自分の故郷に帰れないから、こげに(こんなに)立派な桜を描かせてもらって、見させてもらって嬉しいわー!」


あるお一人の参加者さんが言われました。
参加者さんにとって特別な桜、大切な時間となりました。

鑑賞会の時も誰もが幸せそうでしたね。
みんなでお花見ができ、嬉しい時間です。

 

みのり福祉会のみなさん、ありがとうございました。

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :