<< ココロヨロコブアート×大山ものづくり学校 main 高次脳機能障害者家族の会例会にて >>
夏の講座〜ほおずきのあるうちわ〜
 

夏の訪れを告げるほおずき。
時期的にまだ出回っていませんでしたが、今回は大阪から米子に鉢ごと連れて帰ってきました。



みなさんはご存じですか??
ほおずきのいろいろ。
ほおずきはナス科。
夏に黄白色い花が咲き、その後ガクが大きくなって橙赤色に熟します。
根は漢方にも使われます。
お盆の時には死者の霊を迎える提灯にも似ていることから、枝付きで盆棚に飾られています。


今回はこのほおずきを使ってうちわを作りました。
Nさん邸にて。


偶然生まれる色や形がおもしろいね。


それぞれの心地いい方向へ。


目の前のほおずきを見ながら。



それぞれのうちわに向かってみんな楽しそうに集中していましたね。
ほおずきのことなどNさんのお父さんやTさんから教えてもらうことが多く、とても勉強になりました。
小さい頃ほおずきでたくさん遊ばれたそうです。
そうやって制作しながらみんなでわいわい話すと、目の前のほおずきの見え方が変わってきますね。



参加者さんの感想より
「色を使う事も、和紙を貼ることもすべてが自分の心のままに楽しい実験のようでした。
ほおずきを美しい形にしようとも、うちわをきれいな作品に仕上げようとも思わなかったこの不思議。作品を作っているというより色や和紙、筆・・・目の前の材料と戯れ遊んでいるようでした。」

そうやって生まれたうちわ。
それぞれのほおずき。
そして思いのこもった大切な時間。

普段当たり前に接する仲間や友達、こうして作品を介して相手のいいところや表現に出会うとより愛おしく思えます。
このうちわで楽しく夏を過ごしましょうね

Nさんご家族さんそして参加してくださった大切なみなさんありがとうございました



10:00 ourのアシアト comments(0)
スポンサーサイト
10:00 - -
comment

message :