<< いてくれてありがとう2017年 main 感動がギュッ!りんごの量感画(五千石保育園) >>
宝石カレンダー

 

2018年最初の介護施設での講座では、宝石カレンダーを作りました。
デーサービスと特養での講座です。
職員さんも一緒に描かれ、こうやってみんなで描く時間が持てることを大変喜ばれていました。
みなさん夢中で描かれましたね。

 

そして、この日は私にとって4ヶ月の産休から復帰の講座でした。
この4ヶ月で参加者さんに嬉しい変化もありましたが、悲しい変化もありました。


講座を始めた4年前より毎回欠かさず参加してくださっていたIさんが、昨年末に亡くなられました。
いつもこの臨床美術の時間を楽しみにしていてくださり、時には涙を流して手を握りしめ「あなたに会いたかった」と言ってくださる方でした。

 

残された作品を見てご親族さんたちが
「知らなかった。こんな素敵な絵を描いていたんですね!」
と驚かれたそうです。
また、お葬式の時には、ご家族さんがお棺に今まで描いてきた作品を一緒に入れてくださったそうです。
4年間もIさんと一緒に描かせていただいたことに感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。

これまでもたくさんのお別れがありましたが、こうして手元に残る作品は、家族や関わった方々の心を癒してくれる大事な存在でもあると改めて実感しました。

 

これからも宝石のように輝く「今」を大事に^^

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :