<< 秋が旬のにんじんを描く main 秋の名月を描く >>
鳥取県内の各現場で臨床美術士活躍中

鳥取県でご活躍されている臨床美術士さんがたくさんおられます。

日々感謝です^^

<鳥取県中部の現場のご紹介>

みのり福祉会様の介護老人福祉施設2か所(倉吉市、湯梨浜町)にて、毎月2回定期講座を開催中。

9月より臨床美術士 吉井瑞穂さんと上原順子さんが私(井澤)に代わりメインを務めておられます。(井澤は今秋冬は産休中)

昨年、お二人は資格をとられ、春から鳥取での自主的な勉強会や県外の研修、様々な経験を重ね日々成長中です。

今では井澤、吉井さん、上原さん、施設職員さんでタッグを組み、講座の参加者さんが安心して心を解放してくれる最高のチームとなりました。

9月は、秋茄子とかぼちゃを制作。

11月には、施設主催の臨床美術作品展も開催いたします。

これまでの作品が一挙に展示されます。

今からとても楽しみです。

 

かつては、まだ「臨床美術」の認知度も全くない鳥取県で一人で開拓を始めてきましたが、こうして仲間が少しずつ増え、新たな臨床美術士さんたちと「心が喜ぶアート」の魅力を広められることに感謝しています。

現在、鳥取県内には約20人の臨床美術士がいます。

今後の彼女たちの活躍、心が喜ぶアートの広がりがとても楽しみです。

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :