<< 《夏色コレクション》山陰の臨床美術士たちによる自主的な勉強会 vol.3 main 6月26日(月)NHK鳥取放送局で放送されました >>
社会福祉法人みのり福祉会さんでの毎月の定期講座

紫陽花には「家族団らん」という花言葉があります。

小さな花たちが集まり大きな1つの花の様に見せるその姿は、まるで家族で楽しく会話をしているようですね。

そんな素敵な家族1つ1つを丁寧に描く様に、老人福祉施設ご利用者さんたちにも描いていただきました。

50人50色の迫力ある作品が生まれました。

鳥取県中部の老人福祉施設でも毎月2回ずつ定期講座をしています。

・午前は「湯梨浜みのりデイサービスセンター」さん

・午後は「デイサービスセンター倉吉スターガーデン」さん

(社会福祉法人みのり福祉会様)

この日は合計約50名の参加者さんと一緒に紫陽花を描きました。

いろんな種類の紫陽花を用意。

「臨床美術がある日は希望者がいっぱいで人気ですよ!」

職員さんもご利用者さんも楽しみにしてくださっているようです。

毎月描く作品も施設内にいつも素敵に展示してくださっています。

これからもみんなで「表現する喜び」を楽しみましょうね^^

00:00 - comments(0)
スポンサーサイト
00:00 - -
comment

message :