<< 1月米子講座ココロヨロコブアートのご報告 main 大根のちぎり絵 >>
学会発表 in 長崎 奨励賞を受賞いたしました!

先週、全国老人福祉施設協議会主催の研究大会のため長崎へ行ってきました。
定期講座をさせていただいている介護施設ル・ソラリオン名和の施設職員さんとの取り組みを発表し、奨励賞を受賞いたしました。



平成28年度
全国老人福祉施設研究会議(長崎会議)
Style-KAIGO“ニッポン一億”
〜地域共生社会をつくる日本型介護・福祉〜
開催期日:平成29年1月24日(火)〜25日(水)
開催地 :長崎県長崎市(長崎ブリックホール 他)
主 催 :公益社団法人全国老人福祉施設協議会
長崎県老人福祉施設協議会
http://www.roushikyo.or.jp/contents/seminar/national_conference/kaigi/

昨年夏からの鳥取県大会、中国大会に続き、今回の長崎の全国大会は全体で2,200人もの参加者が集まる大きな大会でした。
そのうち840人の集まる分科会の中で発表、その中で最優秀賞の次となる奨励賞をいただきました。

講評の中で審査員長の方からも
「五感で感じる」素晴らしさ、
介護における臨床美術の取り組み研究を褒めていただきました。

全国老施協事務局の方からも、何十年と開催してきた中で過去にないアートによる取り組みであること、今後の展開に期待をしていると言ってくださいました。
そして学会会場では、全国各地から来られた多くの方と名刺交換をさせていただき、みなさんが興味をもっておられることをとても実感しました。


今回の発表は、特養のご利用者さんの変化を数値化し、独自にデータをとってきました。
ご利用者さんの日常生活での幸せな変化も大きくありました。
施設の全面的なご協力あっての地道な研究発表でした。
ル・ソラリオン名和の皆さんに心から感謝いたします。
まだ発表内容は一般公開できないですが、閲覧可能になればお知らせいたします。


これにより少しでも多くの方に臨床美術の魅力が伝わり、この春4月に京都で開催される第32回ADI(国際アルツハイマー病協会)国際会議にもみなさんの関心が向けば嬉しく思います。
ADI国際会議でも臨床美術のシンポジウム、作品展が開催されます。
http://www.adi2017.org/ja/


心に寄り添うアートとともに
これからもどうぞよろしくお願いいたします^^


臨床美術士
井澤ゆうか

17:34 - comments(0)
スポンサーサイト
17:34 - -
comment

message :