2013年最後の笑顔になれるココロヨロコブアート 

2013年最後のココロヨロコブアートを開催します!!




今回は1年を笑って楽しくしめくくりたいハート
そんな想いからみなさんと素敵な作品を描きますよ。



そして、今回はラフターヨガ(笑いヨガ)も楽しく体験できる時間があります。
講師は沖縄でラフターヨガリーダーとなった細田真知子さん。

笑いは心も体も元気なれる素晴らしい魔法です。
きっと色のアラベスクも心が笑うように楽しく描けますよ。

ココロヨロコブアートで開催している臨床美術は、年齢問わず楽しめるものです。
臨床美術とは??←(クリック)

 
12月21日(土曜)ココロヨロコブアート
​13:30〜15:30
米子市内にある米子ふれあいの里研修室2
(〒683-0811 鳥取県米子市錦町一丁目139番地3 tel:0859-23-5491)
にて臨床美術講座ココロヨロコブアートを開催します。

 
21:00 ourのアシアト comments(0)
ココロヨロコブアートのお知らせ

大山の紅葉が色づき、山や木々の秋の装いが美しいですね。
深まる秋を楽しみましょうね。
さっそくあわーから12月の講座のご案内です紅葉



12月21日(土曜)
米子市内にある米子ふれあいの里研修室2
(〒683-0811 鳥取県米子市錦町一丁目139番地3 tel:0859-23-5491)
にて臨床美術講座ココロヨロコブアートを開催します。

参加費用:おひとり様2,000円(材料費、お茶代込み)
定 員  : 12名

※定員に達しましたらお申し込みは終了させていただきます。

お申し込み先メール
our@you-our.com
HPからもお申し込みできます
↓↓
メールを送るメール



毎回季節にあったプログラムを楽しんでいただけます。
絵が苦手な方も、好きな方も、臨床美術にご興味がある方は
ぜひぜひ遊びにいらしてください。



/////  2014年1月からの講座のご案内  /////

以下の日程で講座を開催していきます。
お申し込みは可能です。
(※定員12名。定員に達しましたらお申し込みは終了させていただきます。)

1月18日(土)
13:30〜15:30(2h) 米子ホームデコ2階
(〒683-0805 鳥取県米子市西福原6丁目19−29)
2月15日(土)    
13:30〜15:30(2h) 米子ホームデコ2階
3月15日(土)    
13:30〜15:30(2h) 米子ホームデコ2階

お申し込み先メール
our@you-our.com

HPからもお申し込みできます
↓↓
メールを送るメール


各講座の前11:00 からは会場に来て臨床美術士と交流できます。
ご質問などありましたら講座前にぜひ会場へいらしてください。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

臨床美術士 和田ゆうかundefined

臨床美術とは??
↓↓
あわーHP
19:00 ourのアシアト comments(0)
みんなちがってたのしいね!〜りんごの量感画を描く〜

鳥取県の西伯郡伯耆町にある八郷小学校で、小学校1年生のみなさんと親御さんと一緒にりんごを描きました。
40人みんなで描く時間はとっても楽しかったですね!どれも楽しいりんごりんご

どんなりんごが出来たかなーー?
 
写真を撮るときも
ハイ!りんごーっカメラき

いい笑顔〜



今回は、描く前にみんなで「なにが落ちたゲーム」で盛り上がりました。
小さなお子さんは皆りんごを素早くキャッチDocomo88さすがです!




りんごをじっくり観察。
なんかでっぱってる〜
ここ青い〜
普段りんごをじっくり見る事がありませんが
あらためてたくさんの発見をしました。




今日は、お母さん、お父さん、弟、妹みんなも一緒に描きました。
みんなが夢中になって。



たくさんのりんご
全部ちがうね

こんな表現があったんだ!
どの作品にもいいところがいっぱい!

「普段学校では45分という時間で授業をしています。
今回は1時間半という長い時間でしたが、全員が集中して描いてくれました。
中には絵が苦手な子もいましたが、最後まで描き、本当に楽しかったということなんですね。
いつもの絵の描き方と違っていておもしろかったですね。」
担任の先生からコメントをいただきました。

「最初は付き添いのつもりでしたが。久しぶりに楽しく絵を描いてとても楽しかったです。
子どもと一緒に描くっていいですね!」
また、保護者の方からもたくさんコメントをいただきました。
私たちもみなさんの表現に向き合え、たくさんたくさん感動しました。



感じて描くからこそ
うまいやへたはありません。
表現するって楽しいね
年齢も関係ないんだね

みんなちがっててたのしいねニコ



このあともおうちに帰って家族みんなでお話して
それぞれに心地いい時間が流れました。
りんごが心をつないでくれた素敵な一日でしたりんご



一緒にりんごを描いた八郷小学校のみなさん。
八郷小学校PTAのみなさん、担任の後藤先生、西村さん、生駒さん、松原さんありがとうございました!

※みなさんには写真掲載の許可をいただきました。
ご協力本当にありがとうございましたねこ


臨床美術士 和田ゆうか
00:00 ourのアシアト comments(0)
鳥取県認知症フェスティバルのご報告


10月12・13日、米子コンベンションにて鳥取県認知症フェスティバル&全国研究集会が開催されました。
この中で臨床美術もワークショップと作品展示を開催させていただきました。



ワークショップは45名の方にご参加いただきました。 一番広い会議室でしたが、会場が狭く感じるほどでした。
「臨床美術とは?」
京都の現場で活躍されている京都<臨床美術>をすすめる会代表のフルイミエコさんがとてもわかりやすくお話してくださいました。
また、県内の臨床美術士、京都<臨床美術>をすすめる会のスタッフもたくさんかけつけてくださいました。



線や色をきっかけに絵がどんどん変化していきます。



みなさんの笑顔と一緒にたくさんの作品が生まれましたね。
両日にわたって県内の現場で生まれた臨床美術の作品展示も行いました。



たくさんの作品が会場に並びました。
どの作品もとっても楽しそう!



作品を描かれた参加者さんや、県内の方、全国各地から来られた介護関係の方、医療関係の方、教育関係の方、様々な分野で働かれる多くの方に会場に足を運んでいただきました。



ここで出会ったたくさんのご縁に感謝します。



交流会で出会った作業療法士の早川さんに展示会場で演奏をしていただきました。
作品と音楽のコラボがとても心地良かったですね。
早川さんの動画ご紹介↓

http://www.youtube.com/user/t88music


ここで出会ったたくさんのみなさん〜これからもよろしくお願いします。
フルイさん、県内外から来てくださったたくさんの臨床美術士さん、本当にありがとうございました。


この両日ご協力いただいた皆様、心から感謝します
認知症の予防としてひとつの脳トレだけでなく、複数の脳トレをすることが大切となってきます。
様々な脳トレのひとつとして臨床美術が身近な存在になると嬉しいですね。
表現する喜び、作品として残る喜び、共感できる喜び、心が喜ぶことで心身ともに元気になれます。

今後臨床美術の資格をとってみたいとお考えの方はぜひこちらをご参考にしてください。
臨床美術協会HP

鳥取県に一番近い場所では広島芸術専門学校、京都造形芸術大学で資格をとることができます。



12月より毎月第三土曜日に米子市内にて講座を開催します。
ぜひ一度ご体験ください
詳細はまたこのブログやHPにてお知らせいたします。

これからも鳥取県内にて楽しみながら活動をすすめてまいります
 
21:00 ourのアシアト comments(0)
あじのひらきを描く
 

高次脳機能障害の方とご家族の会例会にて「あじのひらき」を描きました。



描く前にスタッフの「オリンピックストレッチ」で体をしっかりほぐして。
そして「なんの魚?」クイズで頭をほぐして。
みなさん笑顔でいっぱいでしたね。



目の前のあじのひらきをじっくり見ながら。


ときには
「光り方が違うね〜!」
見る角度やあじを動かして。
たくさんの色が見えますね。



制作中はみなさん夢中です。
そして目の前に現れたそれぞれのあじのひらき。



泳いでるみたい!!
・・・いや、でもあじのひらきは泳がないよな。。

そんなツッコミもありましたが
まるで生きて泳いでるようなあじがたくさん生まれました。




この日の鑑賞会は、いつもに増して参加者さんたちからあふれるように
たくさんの感想、想いが出てきました。

最初は緊張もあってなかなか人の作品に感想を言う事が出来なかった方も
自然と笑顔といっしょに言葉がこぼれていました。

制作過程には「楽しい」気持ちだけではないと思います。
時には「どうしたらいい?」「これでいいかな?」という
迷いや悩み、不安な気持ちも生まれると思います。
たくさんの感情と向き合うことで生まれた作品はより生き生きとしてきます。

そして、お互いの作品を優しく包み込むコメントをうれしそうに話すみなさん。
「いてくれてありがとう」相手を丸ごと包み込む心。
そんなみなさんの心の声が聞こえてくるような時間でした。
私は、うれしくて涙がこぼれそうな想いでメインをさせていただきました。


今回お話をいただいた森田さん、ご参加いただいた高次脳機能障害の方と家族の会のみなさん。本当にありがとうございました。
なお、高次脳機能障害の方と家族の会例会にて制作した作品は、10月12,13日の米子コンベンションにて開催されます「認知症フェスティバル・全国研究集会」にて展示させていただきます。


また改めてみなさんにご紹介させていただきます
ぜひ遊びにいらしてくださいね




00:00 ourのアシアト comments(0)
ご高齢の方を対象とした定期講座がスタートしました
 

朝晩が涼しくなってきましたね。
秋の気配を感じます
9月より琴浦町にてご高齢の方を対象とした定期講座がスタートしました。

第一回目は「なすの量感画」
感じて描く楽しさを味わっていただきました。




臨床美術士スタッフが持って来てくれた朝とれたばかりの新鮮ななす。
見事ななすにみんな感動です。

みなさん終始描く手が止まらず、楽しみながら描いておられました。

丸かったり
長かったり
曲がっていたり
色の変化があったり

それぞれのなすの特徴をよく見てしっかり描いておられましたね。
まるで生きているような新鮮ななすの完成です。





そして、一緒に参加してくださる施設のスタッフのみなさんに感謝します。
みなさんの笑顔と笑い声は一気に気持ちを盛り上げてくれますね。


私は臨床美術を通してたくさんの方々と一緒に
繰り返し流れていく日常の時間とは別の新しい時間をつくりたいと思っています。
まさに心が喜ぶ時間。


当たり前の中に埋もれてしまって
今まで気付かなかった自分の色、カタチ、表現
相手の見えていなかった面
心が喜ぶ瞬間



日常の中に臨床美術士が入ることで新しい発見や気づきが生まれます。
逆に私たち臨床美術士にも新しい発見や気づきが生まれます。
本当に大切にしたいものが見えてきます。


そういった素晴らしい時間を
施設のみなさん
参加者のみなさん
私たち臨床美術士
みんなでつくることをとても幸せに感じています。


心喜ぶ時間を築けるよう私たちもこれからも楽しんでいきたいと思います。


一歩一歩。


琴浦町にて作品展も開催します。
またお知らせします。
お楽しみに





20:00 ourのアシアト comments(0)
ホームデコさんのアドバイザー研修
 

いつも会場をお借りしているホームデコさんの
アドバイザー研修として臨床美術の講座をさせていただきました。

山陰で活躍されているホームデコさんHP



(許可をいただいたので写真掲載させていただきます。)

今回のプログラムは、7〜9月が旬の野菜「ナス」です



冷房のない教室でしたが、この日は風が吹きこみ風鈴の音がとてもきれいに響き爽やかでしたね。
みなさん夢中で描かれ2時間があっという間でした。



ナスをこんなにじっくり見たのは初めてです!




太陽の日差しを浴びて
じっくりナスが育つように
じっくり色を重ねて

それぞれのナスが完成しました。


今回初めてオイルパステルを使う方が多かったですが
とても上手に楽しそうに使いこなしておられました。
さすがですね!!






ホームデコさんの畑からナスがたくさん収穫できました!
どれもみずみずしくて立派なナスですね〜

日常の忙しさから離れて大自然の中で臨床美術をご体験され、みなさんとても喜んでくださいました。


〜感想〜

・いつも絵が下手と言われていたけど、こんなに描けたことがうれしいです。
今日の作品を自慢したいです。

・普段冷房の中が多いですが、こうやって冷房もなく自然の中にいることが心地よくて絵も楽しく描けました。

・普段図面をかいたり仕事に追われる中で、時間を切り離して久しぶりに絵を描くことがとても気持ちよかったです。

・楽しくて何も考えずにこんなに素敵な作品ができたことがうれしかったです。
 もっと違う作品を作ってみたいです。


うれしい感想をたくさんいただきました。



また、この後、アドバイザーさん同士で毎月されている事例発表をされていました。
私も少しお邪魔させていただきました。
社内で定期的に仲間の仕事の事例を共有し合い、そこから互いに学ぶ時間を大切にされておられます。

忙しさに追われてしまうと、近くにいる仲間ですら何をして、何を考え、何を感じているのか分からなくなりますが、こうして定期的に互いに共有できる時間があるって素晴らしいことだと感じました。

いつも前向きでみんなの笑顔が絶えないのは、こういった日々の積み重ねなんだと感じました。

今回アドバイザー研修の講師として呼んでいただきましたが、逆にみなさんから多く学ばせていただきました。



素敵な会社ホームデコさん!
これからも応援しています。


また、会場として使わせていただいた山陰saccaさん
ありがとうございます




20:00 ourのアシアト comments(0)
お知らせ
 
空はすっかり秋模様ですね
あわーの今後の活動についてお知らせです。


8月9月は各現場の講座の開催をいたします。
(一般の方のご参加は12月の講座より可能です)


●高次脳機能障害の人と家族の会例会
●ホームデコさんのアドバイザー研修会
●JA鳥取中央八橋福祉センターなでしこ定期講座
●伯耆町立八郷小学校親子講座


10月は12日に鳥取県米子市にある米子コンベンションセンターにて行われる
「鳥取県認知症フェスティバル」内にて臨床美術のワークショップを開催いたします。
(13日は研究集会、こちらでも京都<臨床美術>をすすめる会が臨床美術の取り組みを発表します)



今回中心となってこのフェスティバルを運営される
認知症の人と家族の会鳥取県支部代表の吉野立(よしのりゅう)さん。

昨年の米子の私の臨床美術の講座にご参加いただいたことがきっかけとなり、今回の鳥取県のフェスティバルへ声をかけていただきました。


鳥取県で頑張る方々を応援したいということ
今年はたくさんの方に関わっていただき、会員の方々だけでなく地域の方や家族の方も楽しめるようなフェスティバルをしたい。
そして鳥取県から全国の方に元気になっていただきたい。
そんな熱い想いを語ってくださいました。
吉野さんからは、地域のみなさんと一緒に作り上げる素晴らしい機会をいただきました。


今回私が京都で所属する京都<臨床美術>をすすめる会代表のフルイミエコさん、
事務局のみなさん、すすめる会のみなさんのご協力を得てこのワークショップが実現します。
当日は京都で活躍される臨床美術士2級のフルイさんがメインをつとめてくださいます。
また私のほうでは鳥取の活動のご報告と作品展示をさせていただきます。


聞くこと体験すること見ること感じることで臨床美術の魅力をより深く知っていただける素晴らしい機会となります。

どうか多くの方にご参加いただき、認知症について様々な角度から知っていただけますように



(※事前申し込み、定員30名まで)

00:00 ourのアシアト comments(0)
感謝
 

この夏たくさんの場所で臨床美術の講座をさせていただきました。
会場を貸していただいたみなさん
ご参加いただいたみなさん
ありがとうございます

この夏京都でも雪の結晶Tシャツを作りました。



みんなで夏の涼を楽しみます。


やさしくあたたかい時間となりました。
自分一人では思いつかないようなデザインや色
みんなで一緒にすることでお互いの良さや魅力が分かち合えますね。


はがしたテープがきれいだね
今回もみんな大切に持って帰られました。


Tシャツと一緒に
みなさんありがとうございました。



講座に参加してくださった方から
暑中見舞いや残暑見舞いをいただきました。




はがきが家に届いたとき
またあの講座で過ごした時間がよみがえってきて
とても幸せな気持ちになります。


共に
感じて描き
互いの良さに気づき
心が喜びます

そして
作品が残ることで
心地いい時間がよみがえり
ふたたび心が喜びます


臨床美術って本当に素敵だなと思います。


臨床美術に限らずきっとみなさんの身近なところにも
お互いの魅力を引き出し認めてくれる存在がたくさんあると思います。
これからもそんな存在に目を向けて心を大切にしていきたいですね。





この夏お世話になったみなさん
本当にありがとうございました
これからも心が喜ぶほうへ


クリニカルアートあわー



00:00 ourのアシアト comments(0)
涼しさいっぱい雪の結晶Tシャツ
 

高次脳機能障害の方とご家族の会にて雪の結晶Tシャツを作りました

連日の猛暑
そんな暑さがふっと涼しくなる時間でした。



みんなでわいわい。
お孫さんも一緒に。




みなさんおひとりおひとりが
色や形を楽しみながら。




そして心地いい場所を探しながら。




完成したTシャツをかかげた瞬間のみなさんの笑顔が素敵でした。
どれも着たくなるTシャツですね。

「何も考えずに夢中になってできました〜」
「うれしいです」
「Tシャツ屋さんで売ってる商品みたいだね!欲しいです」
そんな声もたくさんあがりました。

参加されたみなさんとても明るくて
私たちもたくさん元気をいただきました。

続く猛暑日、暑さに負けず夏を楽しみましょうね


11:00 ourのアシアト comments(0)
1/5PAGES >>