ありがとうのりんご(「1/2成人式」大山町立名和小学校にて)

大山町立名和小学校にて「1/2成人式の行事」として、臨床美術をさせていただきました。

小学校4年生と担任の先生方あわせて40人で描きました。

 

今回のプログラムは「りんごの量感画」

子どもたちみんなが、まるでりんごを育てるように夢中になって描いていましたね。

そして、子どもたちから家族への【いつもありがとう】の想いを、色に線にしっかり込めて描きました。

誰もが夢中になった時間でした。

どれ一つとして同じものがないりんご。

そんな風に自分や互いを認め合う日々を送ってくれることを願っています。

完成した作品の裏には、「10年後の自分」へ向けて書いた手紙をつけました。

20歳の時に、再びこの絵を見て、手紙を読んでどんな想いが溢れるのでしょうか。

笑顔の彼らが目に浮かびます^^

今回は、臨床美術士 岩田さんと小川さんと3人でセッションをさせていただきました。
最後は保護者の皆さんの美味しい手作りランチをいただきました。
私たちも心があたたかくなる1日でした。

私に「臨床美術をやりたいです!」と一番に声をかけていただいた土山さん、ご協力いただいた保護者の皆さん、学校の先生方、楽しく描いてくれた子どもたち、岩田さん、小川さん、本当にありがとうございました。

00:00 - comments(0)
ル・ソラリオン名和芸術祭2017

4年間以上、毎月定期講座をさせていただいている
介護老人福祉施設「ル・ソラリオン名和」(大山町)
にて芸術祭が9月24日(日)まで行われています。

施設ご利用者様皆さんの素敵な芸術作品が所狭しと並んでいます。
今年度の臨床美術の作品もたくさん展示されています^^
連日地域の方や、ご家族さんもたくさん見に来られています。

講座を通して表現を楽しむ時間。
こうして時間をおいてまた作品を眺めて楽しむ時間。
みんなの喜ぶ心が伝わってきます。
作品が残るということは本当に素晴らしいことだと改めて実感します。
職員さんたちも展示準備を楽しんでくださいました。
岸本さん、職員の皆さん、ありがとうございます。

お近くの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね^^

【ル・ソラリオン名和】
鳥取県西伯郡大山町西坪520−1
0859-54-6500
HP↓
https://www.med-wel.jp/soranawa/?p=1882
00:00 - comments(0)
葡萄の美味しい季節

葡萄が美味しい季節^^
あまい味や香りを作品にしました。

夏は、小学生のお子さんたちと描きました。
みんなで描くとたくさんの発見がありますね!

(8月米子講座は諸事情によりお休みさせていただきました。

楽しみにしていた皆さん、大変申し訳ありませんでした。)


9月から4か月間の米子講座は、他の臨床美術士さんメインによるプライベート講座となります。

誰もが講座参加の申し込みができる形は2018年1月頃より開始いたします。
よろしくお願いいたします。


素敵なプログラムをご用意してお待ちしております♪

11:36 - comments(0)
想いのこもったかぼちゃ〜五千石保育園にて〜

米子市の五千石保育園(社会福祉法人米子福祉会)にて定期講座をしています。
この日は年中さんとかぼちゃ作り。


普段とは違うこどもたちのいろんな一面が見れました。

「普段給食でかぼちゃが食べれないお子さんが、試食の時に味付けもしていないかぼちゃを食べれました。しかも美味しい!と言って嬉しそうに食べていました。」
「先生の話を聞かずにどんどんやってしまう子が、先生の作品を見ながらじっくり作れていました」
先生方もびっくり!!

鑑賞会も自分の好きなところを言えたり、それをみんなで受け止めたり。

「ゆうか先生、このかぼちゃさんたちはみんなの『想い』だよ」
最後に女の子が言った言葉にとても感動しました。
小さなこどもたちはすでに大人以上にアートの楽しみ方を身につけているんだなと実感しました。

来年2月には保育園で作品展を開催します。
小さな巨匠たちの作品をみなさんにぜひご紹介したいと思います。

五千石保育園のみなさん、サブの森下さん、福村さん、いつもありがとうございます^^
00:00 - comments(0)
江府町社協さんとの心喜ぶアート

 

7月8月は江府町社協様のご依頼により、江府町内の皆様へたくさん講座をさせていただきました。
小学生からご高齢の方まで。
 

過疎化、高齢化の問題を抱える郡部。
その中でも地域の中で連携をとり合い、互いに見守れる環境を築かれている江府町社協さん。
この臨床美術も豊かなコミュニケーションが広がるようにと、今年から導入してくださいました。

 

 

一人の時間が長い独居のご高齢のみなさんも、
「来てよかった!」
「今度来る孫に見せたい」
と、講座の後は大満足で帰られました。


これからも小さな喜びを積み重ねていけたらと思います^^
江府町社協さん、山下さん、橋谷さん、ありがとうございます。

14:21 - comments(0)
ココロヨロコブカフェ in WATERWORKS vol.9のご報告

先日開催された「ココロヨロコブカフェinWATERWORKS」

この日も満席となり、カラフルで楽しい講座となりました。

五感で感じた立体かぼちゃをみんなで作りました。

今回もまた、昨年秋に臨床美術士の資格を取得された福村直美さん、太田典子さんがメインをしてくださいました。

優しい雰囲気の中で、ワクワク心が弾む作品がたくさん生まれましたね。

終わった後にみんなで美味しいドリンクをいただきながら、作品を前に過ごす時間も最高でした。

WATERWORKSさんでの講座も次回は10回目となります。

今後も楽しく続けていきたいと思います。

また次回10回目が決まりましたら、詳細をお知らせいたします。

ご参加いただいた皆様、WATERWORKS安来さん、福村さん、太田さん、ありがとうございました^^

22:58 - comments(0)
《ナスの量感画》 山陰の臨床美術士たちによる自主的な勉強会 vol.4

7月末に開催した臨床美術士さんたちの勉強会。
今回のメインは、上原さん、吉井さん、サブは守山さん、越野さん。
アートプログラムは「ナスの量感画」
どんな環境で育ったのかな?
まるでナスと会話するような気持ちで五感で感じるところから始まり、導入から制作までめいっぱい楽しむことができました。

「久しぶりに没頭できてよかった!」
「たくさんの学びにつながりました」
個性豊かなナスがたくさん生まれ、参加者側のみんなも幸せな時間を過ごすことができました。
毎回少しずつ成長されていく皆さん。
彼女たちのおかげで、これからも山陰であたたかな「心が喜ぶアート」が広まっていくことを実感しています。
「誰もが主役、そして誰もが表現者」
メインの上原さん、吉井さん、サブの守山さん、越野さんありがとうございました。

昨年秋に資格を取られた臨床美術士さんたちも、この1年間でたくさん現場に入ってくださり、うんと成長されました。
来月9月からの私(井澤)の産休中も、たくさんの臨床美術士さんが私に代わってメインをしてくださいます。
活動を始めた6年前には全く想像もつかなかった素晴らしい景色が、今ここにあります。

多くの方に感謝しながら、みんなでアートを通して山陰を彩り豊かにしてまいりたいと思います。

これからも山陰での臨床美術の広がりをどうぞあたたかく見守ってください。
よろしくお願いいたします^^
00:00 - comments(0)
おもしろかぼちゃ夏の造形クラブ in 松江WATERWORKS

夏が旬のおもしろかぼちゃ。
松江のカフェWATERWORKSさんにて、おもしろかぼちゃを小学生の皆さんと作りました。
五感で感じた楽しいかぼちゃ。

触って、味わって、音を聞いて、感じて、考えて。
さすが創作が大好きな造形クラブのみんな。
制作モードになると無言で夢中になります。
壮大な世界がどんどん広がっていきます。
とても楽しかったですね♪

今回は、昨年秋に資格をとられた臨床美術士の福村直美さん、太田典子さんがメインをしてくださいました。
二人の息ぴったりです!
これからも、経験を重ねて新たな臨床美術士が様々な現場で活躍していきますよ。

8月19日(土)はWATERWORKSさんにて誰でも参加できる講座があります。
このおもしろかぼちゃを作ります。
臨床美術士 福村さん、太田さん、私(井澤)の3人が皆さんと一緒に制作します。
==================
日 時:8月19日(土)10:00〜12:00
参加費:おひとり1,600円
(※材料費込み、ドリンク付き)
定 員:20名
持ち物:不要
カフェWATERWORKS
https://www.cafe-waterworks.com
==================

ぜひご興味のある方は、この機会に一緒に作りませんか??
絵が苦手な方も大歓迎です^^
(作品と一緒にモチーフのかぼちゃもお持ち帰り頂けます。)

お問い合わせお申し込みは
電話かメッセージでどうぞ!
WATERWORKS FB
☎0852-25-1044
クリニカルアートあわーFB
12:09 - comments(0)
「風」と「宇宙」を描く〜障がいのある方の家へ出張講座〜

毎月障がいのある方の家へ出張講座をしています。
ご家族さんと一緒に。

6月と7月は「風」と「宇宙」を描きました。
ご本人さんたちは、この1年間で表現がうんと広がり、色もたくさん選ばれるようになりました。
どんどん大胆に自分を表現されます。
描いた後の美味しいお茶タイムも毎回充実しています。

今度の春には、米子コンベンションセンターにて、これまでの1年間作り続けた作品を展示することが決まっています。
また、併せて書道展示もされるそうです。
詳細はFBやHPにてお知らせしますね。

ぜひこの素晴らしい時間、喜ぶ心を多くの方に見ていただければと思います。

亀本さん、前田さん、ご家族のみなさんに心より感謝いたします^^

00:00 - comments(0)
ほおずきのあるうちわ

ほおずきは夏の風物詩。
オレンジ色の実は、お盆のときに提灯がわりに飾られることがあります。
東京では、浅草の浅草寺の「ほおずき市」が有名ですね。
ル・ソラリオン名和さんで、このほおずきをモチーフに涼しい団扇を作りました。

この時間をいつも楽しみにしてくださる皆さん。
毎回大きくなっていく私のお腹を嬉しそうに撫でてくださいます。(妊娠8か月半ばとなりました)
家族のような皆さんと、毎回あたたかい時間を重ねられることに感謝しています。

ずっしりとほおずきを抱えられた参加者さんの満面の笑み。
本当はお見せしたいくらい素敵な笑顔なのですが、写真は一部のみ。
この臨床美術の時間は、全員の笑顔が絶えません^^
これからもゆっくり大切に時間を重ねてまいりますよ。

そして、この春よりル・ソラリオンさんで始まった本格的な職員研修。
こちらでも素晴らしい奇跡がどんどん起きています。

また後日、少しずつご報告いたしますね。
00:00 - comments(0)
1/35PAGES >>