1月ココロヨロコブアート米子講座のお知らせ

1月ココロヨロコブアート
米子講座のお知らせです🎨

 


2019年最初の米子講座
楽しい描き初めです^^
※今月も定員間近です。
お早めにお申し込みくださいね。
======================
1月26日(土)
13時半より約2時間
⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫
「なにか不思議な形」
(カード仕立て)
⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫⚪⚫
ココロヨロコブアートの描き初め
毛筆と墨を使って
不思議な形や線を描いていきます。
カラフルなカード仕立ての作品です。
飾るのも、人に贈るのもワクワクするカードです。
・参加費おひとり2,000円
・定員24名まで(先着順)
・ホームデコ米子店セミナールーム
=======================

 


★親子さんでのご参加、年齢問わずどなたでも大歓迎です。
(親子割引はお子さんお一人につき500円引き)
※会場は、ホームデコ米子店敷地内の本社2階セミナールームとなります。
(店舗側ではないので、ご来場の際はお間違えのないようにお気をつけください。)
★絵がお好きな方はもちろん、年齢問わず絵が苦手だという方も楽しく描けます。
「ココロヨロコブアート」とは毎月鳥取県のホームデコ米子店にて開催させていただいている臨床美術定期講座です。
-----------------------------------
クリニカルアート(臨床美術)とは??
http://www.you-our.com/clinical_art.html
▼ホームデコ米子店について
http://www.homedeco-japan.com/
-----------------------------------
▼オイルパステルの販売について
ホームデコ米子店ではオイルパステルを店頭でご購入できます。
試し描きも可能です。1箱820円。
http://our-art.jugem.jp/?eid=81
----------------------------------
《詳しいお問い合わせ・お申し込み先》
クリニカルアートあわー(our)
FBメッセージ
Tel 050-3707-7121
Mail our@you-our.com
HP http://you-our.com

00:00 - comments(0)
かぷりあ祭2019年 今年も展示と体験会をします

2019年3月3日(日)
米子市文化ホールにて
第15回かぷりあ祭が開催されます🍀
.
その中で昨年に引き続き
臨床美術の作品展示とワークショップの開催をします。

先日、主要メンバーさんと打ち合わせをしました。
——————————————
※「かぷりあ」とは男女共同参画社会の実現に向けた米子市の活動です。
その「かぷりあ」に登録している団体が中心となって、年に一度「かぷりあ祭」というお祭りを開催しています。
——————————————

今回は、臨床美術展示作品もうんと増えます。
当日のワークショップは、絵が得意不得意関係なく、また年齢問わず誰もが楽しめるものになっています。

アートを通じて
「自分を表現する楽しさ」
「人と違うことの素晴らしさ」
を楽しくご体感していただきたいです。

今回の打ち合わせも大変盛り上がりました🎨
また詳細は2月にはお知らせいたします☺

00:00 - comments(0)
里芋を描く(ル・ソラリオン名和にて)

「里芋を描く」

子孫繁栄の意味を込めて正月料理でも使われますね。
介護施設ル・ソラリオン名和にて里芋を描きました。

参加者さんの中には育てておられた方も多く、
美味しい芋を見分けるコツや
昔は川の流れを利用し木の装置を作って
皮を剥いていたことも教えてくれました。

 

みなさんにとって身近な作物
思い出もたくさん

とても楽しそうに描いておられました。

中には、自分で「握る」ことができない方が
オイルパステルをぎゅっと握りしめ色を塗る姿も。

 

「これまで物を握ることなんてしたことないです!!」
ケアワーカーさんたちの驚きと喜びの声が聞こえてきました。

 

このル・ソラリオン名和では、作業療法士さんとタッグを組んで参加者さんの姿勢の見直しや心地いい環境作りに努めています。
幸せの奇跡が次々と起こります。
.

誰もが里芋を我が子のように描いてくださった
とても優しい時間でした。

00:00 - comments(0)
雪の描き初め

今年最初の作品は親子作品です。
(お正月に描きました。)
1歳3ヶ月の私の娘と夫が描きました。


.

「雪の描き初め」

年末に降り積もった雪
娘は雪が空から舞い降りる様をじっと眺めていました。

雪の歌を一緒に歌ったり
触ってみたり
初めて感じる雪

「きれい」
「冷たい」
「雪」


そんな言葉の意味すらまだ知らない娘
けれど彼女の感覚は私たちをはるかに超えているように感じられました。

「まるで花びらが舞っているみたいだね」

そんな「雪と呼ばれる何か」を親子で楽しく描きました^^

12:14 - comments(0)
2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます

明けましておめでとうございます🐗

みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします✨

.
山陰で活動を始めて8年が経ちます。
毎年初心に返りながら活動の目標を決めてきました。

=============================

1〜3年目 <自分の足元をしっかりと>

      <大切にひろげる>

  4年目 <深める>

     ※中海テレビ取材

  5年目 <土壌を耕す>

     ※米子市にて養成講座5級開講

  6年目 <種を蒔く>

     ※臨床美術士自主勉強会スタート

      NHKテレビ取材

  7年目 <大切に育てる>

     ※仲間と作る現場

=============================

今から8年前、鳥取県には臨床美術士が2人しかいませんでした。

今では22人に増え、山陰の臨床美術士たちに私の現場を支えてもらっています。

8年目となる今年は仲間たちと「下へ下へ根を張る」一年としていきたいです。小さな小さな一つの花を咲かせるために。

また、同時に自分自身にとってもステップアップの年。

表現者として自分を見つめ深めていきたいです。

.

今年は臨床美術士4級養成講座が鳥取県米子市にて開講されます。(詳細は後日お知らせします。)

4級に成長する仲間が10人以上に増えます。

.

全国から見るととても小さな歩みですが。

今までと変わらず

ゆっくりじっくり

心喜ぶ一歩を

踏み出してまいります。

どうぞこれからも鳥取県の、また山陰のあわーの活動をあたたかく見守っていただけると嬉しいです。

みなさまにとって今年一年が光輝く年でありますように。

クリニカルアートあわー主宰

井澤ゆうか

00:00 - comments(0)
2018年もお世話になりました


2018年もたくさんの方に支えていただき、また大変お世話になりました。

日頃よりこのFBやブログを見ていただいている皆様にも感謝しております。
なかなか記事更新が早くはできませんが、これからも大切に書かせていただきます。

(誤字脱字、拙い文章どうかお許しくださいね🐗)

皆様、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください❤

クリニカルアートあわー主宰
井澤ゆうか

00:00 - comments(0)
大山の初日の出を描く(ル・ソラリオン名和にて)

今年最後の講座を終えました。
大山と日本海の間にある介護施設
ル・ソラリオン名和さんにて。
大山は「伯耆富士」とも呼ばれます。
まさに伯耆の国が誇れる名峰です。
良い一年が迎えられるよう想いを込めて
この大山と初日の出の作品を描きました。

この日、特養の参加者さんの旦那様(Tさん)が参加してくださいました。

「介護が必要になる10年前までは、
家内と何十年もずっと山登りをしてきました。
海外や日本の山をいくつも一緒に登りました。」

描きながら山の話や、奥様との思い出を話してくださいました。
そんな奥様は今は寝たきりとなり、コミュニケーションが難しい状態です。
奥様は講座中Tさんの隣におられました。
話す声はしっかり聞こえています。

Tさんの作品にはこう書かれていました。
<我が家から見た大山と初日の出>

「我が家から大山も見えるし、大山の隣にある三鈷峰も見えるんだ」
そう言われるTさんの作品には、大きな大山に寄り添う三鈷峰が共に日の出を喜んでいるように見えました。その姿はまるでTさんご夫婦のようです。
こうして、お二人が家から眺めていた景色や思い出を共有することができ、私たちもとてもあたたかい気持ちになりました。
ありがとうございました。
夫婦で、親子で、家族で描くっていいですね^^

このル・ソラリオン名和さんでは現在、作業療法士さんと臨床美術士と職員さんとが連携しながら、ご利用者さんの日々の生活が向上するような新たな取り組みを始めています。すでにワクワクするような結果もたくさん生まれています。
その様子はまた来年度いろんな学会の中で発表してまいりたいと思います。
.
高齢者、障がいのある方、大人、子ども、赤ちゃん、各現場を通して豊かな時間を共有できとても幸せな一年でした。
ありがとうございました✨
来年も輝く初日の出が見えますように🌅

 

00:00 - comments(0)
スタジオ背景変えました(伯耆町有線テレビ放送)

1月用のスタジオ背景に変えてきました⛄❄

伯耆町のケーブルテレビ局
「伯耆町有線テレビ放送」
クリスマスが終わり、スタジオ背景に冬の作品を飾りました。
お正月期間には、期間限定で先日米子講座で作った金箔のクワイの正月飾りも飾ります✨

山陰はこれから雪が本格的に降りますね。
どうかこの雪が、被害をもたらす雪ではなく
そっと寄り添ってくれる雪でありますように

00:00 - comments(0)
12月ココロヨロコブアート米子講座のご報告

今年最後の米子講座
新年を迎える正月飾り
元気よく芽が出る様から
「芽出(めで)たい」=「めでたい」
縁起がいいとされるクワイ
金箔に包まれ輝いています。
夢中になって描く時間はとても心地良かったですね✨
ご参加いただいた皆様、臨床美術士 永見直子さんありがとうございました。
また、いつも快く会場を貸してくださるホームデコさんありがとうございます。
(3年以上通ってくれている小学生の女の子がプレゼントしてくれた作品をブローチにしました。
こうして表現活動や講座を通して子どもたちの成長をみせてもらえ、私はとても幸せです。
いつもありがとうございます^^)

 

今年もたくさんの方に支えていただきました。
ありがとうございました❤
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください🎍
00:00 - comments(0)
12月に描いたクリスマスカードのご報告

「メリークリスマス」は
「どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいね」
という想いやりのこもった言葉です。
日本でいう「良いお年を」に少し似てますね。
.
今年はたくさんの現場で
「メリークリスマス」
の言葉をかけあいました。
まとめてご報告させていただきます。
12月は以下の現場でクリスマスカードを作りました。

◇義方小学校

◇ル・ソラリオン名和交流会

◇溝口公民館臨床美術講座

◇五千石保育園

<合計135名>

今年はどの現場でも本物のもみの木をご用意し、
全員に葉を配り触ったり匂いを嗅いでもらいました。
もみの木にはアロマの役目を果たし、癒しの効果もあるんです。
しっかり五感で感じた後に描く作品はどれも生き生きとしていました。
(もみの木をくださった伯耆町の松陰さん、ありがとうございます!)

そして、保育園では今回も
とても素晴らしい連携をとることができました。

保育園の授業の中で
絵本を読み聞かせをする時間
サンタさんへ手紙を書く時間
クリスマスの絵を描く時間

これらの時間を楽しんだ後に
臨床美術の時間を入れることができました。
そしてカードを作った次の日には賑やかなクリスマス会🎄
クリスマス会の会場にもカードを飾って。
子どもたちにとっても、クリスマスをきっかけに自己表現がめいっぱいできた時間ではないかと思います。

こうして保育の現場と保育士さんと
しっかり連携をとりながら導入することができました。
これも現場や園のご理解あってのこと。
本当に幸せなことだと実感しています。
これからも保育や教育の現場と連携しながら
臨床美術を導入していきたいと思います。

今月は幸せなプレゼント🎁をいっぱいいただきました。
ありがとうございます。


ご参加いただいた皆様、義方小学校の皆さん、岸本さん、溝口公民館の皆さん、五千石保育園の皆さん、臨床美術士森下さん、福村さん、ありがとうございます❤

そしていつも記事を読んでいただいている皆さんへ
メリークリスマス🎄

00:00 - comments(0)
1/44PAGES >>